FC2ブログ

顎関節症②

顎関節症は、食べ物を噛んだり口広げるたびに顎でカチッと音がしたり、激しい痛みを伴って、日常生活に多くの不便を経験することになるそうです。顎関節症はなぜ発生するものなのでしょうか。

顎関節症の原因は、先天的原因と後天的原因の二つに分けられるそうです。先天的原因としては、不正咬合、顎機能障害などがあり、後天的な原因としては、過度のストレス、不適切な食習慣、神経過敏、外傷などらしいです。

このように、さまざまな原因によって発生してしまう顎関節症は、早期治療が非常に重要だそうです。治療時期を逃すと、偏頭痛、咬合の変化、耳鳴り、腕のしびれ、めまい、顔面非対称、などに広がってしまう危険性が大きいため、歯科医院で適時にスプリント(マウスピース)による治療などを行うことも重要だそうです。










スポンサーサイト



顎関節症①

顎関節は、下顎骨と側頭骨の間の関節で、両耳のすぐ前に位置し、すべての顎運動の中心軸の役割を果たしているみたいです。普段は顎、頭の骨、筋肉、靭帯、と一緒に調和的に動いているらしく、咀嚼など日常に必ず必要な行為を助けているみたいです。その顎関節に異常が生じる「顎関節症」の患者が増えているらしく、特に20〜30代の女性患者が多く、増加傾向のようです。

顎関節症の症状は、顎が痛く口を大きく開けられなかったり、口を開けるたびに、顎で音がして痛みを感じたりする事のようで、顎の音がだんだん大きくなる場合は顎関節症を疑ってみた方が良いそうです。顎関節の障害は、過度のストレスや緊張を感じた場合に、自分も知らないうちに、顎を突き出したり、片側に顎を止める習慣などが起こり、それが原因である可能性もあるそうです。

主な患者は、20〜30代の女性らしく、増え続ける傾向にあるそうです。女性患者が多い理由は明確ではないらしいですが、女性の筋肉と男性の筋肉を構成する物質が異なるのが原因とも言われてるみたいです。女性の筋肉のほうが男性の筋肉よりも、体内で痛みを伝達する物質が多いとも言われてるみたいです。顎関節症により頭痛、不眠、耳鳴りに苦しむ人もいるそうです。

顎関節症はひどくなければ、生活習慣の改善や簡単な薬で緩和することができるそうです。しかし、痛みが激しい場合は違う治療を受けなければならないそうです。筋肉が主な理由であれば、ボトックスや超音波などを利用して筋肉を緩める治療もあるそうです。関節の炎症が原因であれば、炎症を静める抗炎症薬と一緒に関節に加える力を軽減するための、口腔内装置(マウスピース)を作成し挿入する治療もあるそうです。

顎関節の痛みを予防するには、歯ぎしりの行為も避けなければならないそうです。顎の筋肉を緩める運動をするには 、1日6回、舌を上の前歯の内側に軽く当て、舌が歯から落ちない程度まで可能な限り口を開いて、6秒の間維持するのを6回繰り返すのが有効らしいです。顎関節が痛む方は試されるのも良いかもしれません。





プロフィール

biyo

Author:biyo
誰にも聞けない健康やその他のお悩みについて、老若男女問わず、皆様のお役に立つ事を書いていけたらと思います。記事をお探しにくい場合は下にある検索フォームを使ってみて下さい。私はポケモンや鬼滅の刃を見たり歌を歌ったりして癒されています。ぜひこのブログの広告の品で良いなと思ったものを活用してみてください。皆様が私のブログを見て頂いているのは幸運な事がおこる巡り合わせかもしれません。今後とも皆様に幸運が訪れることを心からお祈り申し上げます。
 /></a><br /><a href=にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ


Airランキング
ブログ王
Twitter
Instagram
note
TikTok
YouTube

































































































































































全記事表示リンク

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR