FC2ブログ

認知症⑧

ハーバード大学のハーバート・ベンソン教授は、現代医学で解決できる病気の割合がわずか25%に過ぎないと主張したそうです。残りの75%は、食習慣をはじめ生活習慣、運動、瞑想などで向上させた自己修復能力に期待をかけなければならないというものだそうです。

認知症も同じだそうです。正しい生活習慣を持ち、脳を部位別に均一に使って全体の機能を向上させると、心と体、そして脳にたまった毒素が抜けていき、体質が改善され、脳の免疫力も強化されるそうです。

脳を鍛えるには人とのコミュニケーションが重要だそうです。孤独は認知症のリスクを高めてしまうそうです。今はSNSなどで誰とでもコミュニケーションを取れる時代なので、孤独を感じている方はSNSなどを活用してみるのも良いかもしれません。










スポンサーサイト



認知症⑦

国際アルツハイマー病協会によると、認知症の患者は、現在の5000万人レベルから2050年には3倍以上の1億5200万人レベルに増加すると予想され、世界で急成長している死亡原因の一つとしたそうです。協会によると、アルツハイマー病をはじめとする認知症が世界の死亡原因の5位を占めている状況だそうです。認知症に起因する年間の社会的費用は、約1兆ドル(約105兆円)で、2030年までには倍以上に増加すると予想したそうです。

認知症はストレスなどさまざまな原因で発症するそうですが、ベータアミロイドというタンパク質が脳に沈着されると、有害な影響を与えるとも言われてるそうです。他にはタウ蛋白質の沈着も発症に影響を与えるとも言われてるそうです。

認知症の予防には歯、耳、胃腸の健康維持と、高血糖、高血圧、不眠、肥満、などにならない生活習慣を守りストレスを溜めないことが重要だそうです。











認知症⑥

最近、昼寝が認知症の予防に役立つという研究結果が発表され、注目を浴びているそうです。昼寝は記憶力が向上し、体と脳を安定させ、認知症にかかる確率を3分の1に減らしてくれるそうです。脳は筋肉と同じだそうです。適当に使用すると膨張して成長するそうですが、あまりに長い時間使用すると、むしろ損傷を受けることになるそうです。睡眠不足で毒素が繰り返し多くたまる脳はもう回復することができない状況に至ってしまうそうです。どんなに小さな損傷であっても蓄積されると回復力が落ちるからだそうです。私たちは、この損失を防ぐために眠っているそうです。

ハーバード大学は、実験を通じて昼寝をしている人は、そうでない人よりも、学力と記憶力が優れていることを明らかにしたそうです。昼寝が人体に有益な点は、これだけではないそうです。昼寝をすると血圧が低くなり、心血管疾患の予防にもなるそうです。昼寝は、20分〜30分が適当だそうです。短い昼寝は脳を安定した状態にして仕事の能率を上げてくれるだけでなく、夜に睡眠をとることにも役立つそうです。

快適な睡眠のためには栄養素をまんべんなく摂取するのが良いそうです。特に、セロトニンは、神経伝達物質の中でも、適切な睡眠を誘導するために、必須で摂取しなければならないそうです。セロトニンを作り出す食品は、牛乳やチーズなど油類タンパク質や新鮮な野菜、果物類だそうです。また、適度な運動をすれば睡眠効率はさらに高くなるそうです。このように、日常生活多方面で熟睡に役立つ自己管理をすると、健康な脳を保つことができるそうです。







認知症⑤

脳にベータアミロイドと呼ばれる毒性タンパク質が溜まると認知症の原因になると言われてるそうです。認知症に至るまでには7つ段階があるそうです。

1段階。症状発現前、脳に毒性タンパク質が溜まっているが、認知力や記憶力障害は現れていない状態。

2段階。非常にわずかな認知障害を示す。非常に軽い記憶力の低下が現れる。家族は変化にほとんど気づかない状態。

3段階。記憶、思考力の変化が生じる。不安を感じる。仕事に支障を受けるが、日常生活は可能な状態。

4段階。自分の人生史を部分的に忘れたり、1週間前のことを覚えていない。一人で料理する、お金の管理をする、食べるなど日常生活で困難を経る。他の人との普通の会話が難しくなる。

5段階。せん妄が目に見えて現れる。個人の衛生を管理するのが難しい状態。周囲の助けが必要な状態。

6段階。周辺認識をできなくて性格に大きな変化が現れる。攻撃性を見せたり激しい引きこもりになる事がある。安心感を見つけるために非常に近い一人だけに依存しやすくなる。

7段階。食欲がなく飲み込むこと、歩くことさえ難しくなる。言語能力がほぼ消えてしまう。すべての日常生活の中で周りの助けが必要になる。病気に対する認識自体がなくなって不安、攻撃性が少なくなる。

認知症の予防と症状の緩和のためには、アボカド、豆、ブルーベリー、ブロッコリーなど体内の抗酸化作用のある食事をすると良いそうです。不飽和脂肪酸が多く含まれている食品を食べるのも良いと言われてるそうです。認知症の症状が現れない時から運動やストレス管理を徹底することも重要らしいです。


認知症④

神経症の性格の方は、認知症の前段階の軽度認知障害のリスクが高まる可能性があるそうです。神経症とは心配、不安、悲しみ、憂鬱などの感情をよく感じる性格の事のようです。

「ストレスホルモン」コルチゾールが多くなると大脳辺縁系(感情を担当する扁桃体)が活性化され、認知症の原因となる可能性があるそうです。

普段気が多く、ストレスを受けやすい性格であれば、否定的な心を治めることができる独自の方法を見つけるのが良いそうです。特に大きなトラウマを経験したことがある場合、脳の老化がより早くなることがあるそうです。一人で神経症を克服するのが難しい場合は専門医の支援を受けて解決法を見つけることが良いそうです。

認知症③

これから気温が少しずつ上がっていくのに対して熱中症に気をつけないといけないと思います。特に高齢者の方は、汗腺の減少で汗の排出量が少なくなって、体温調節機能が弱くなり、熱中症を認知する能力も弱まってしまうそうです。

認知症を患う場合は特に熱中症に気をつけないといけないそうです。温度変化に対して自ら対応するのが困難になってしまい、適切な冷房などを行うことができない場合があるからだそうです。

熱中症に備えるには喉の渇きを感じなくても、定期的に水またはイオン飲料を飲むのが良いそうです。

認知症になってしまったら本人はもちろん、保護者と周りの人が格別の関心を傾けなければいけないそうです。


認知症②

認知症が発症する年齢層は、65歳以上の高齢者層が多いと言われてるそうですが、最近では比較的若年層である40〜50代でも認知症患者が増える傾向にあるそうです。18から44歳に発症した場合を若年期認知症、45から64歳(または45から59歳)までに発症した場合を初老期認知症というそうです。

初老期認知症の場合、性格の変化が先に現れることが多いそうです。感情と判断を担当する前頭葉の機能が悪化し記憶力が悪くなるだけではなく、忍耐強さが失われたり、誤った判断を下すことが多くなるそうです。

認知症は、薬物治療だけでなく、生活習慣を一緒に改善した方が良いそうです。近い距離を歩いたり、以前していなかった趣味を開始するのも良いそうです。健康な食事生活を維持しながら、高血圧、糖尿病、心臓病、高コレステロール血症の治療もするのが良いそうです。運動は体力に合わせて週に3日、1日30分以上するのが良いそうです。




認知症①

認知症は、特定の人ではなく、誰にでも訪れることがある症状らしいです。早期発見により、適した治療を行うと良い効果を見ることがあるそうです。有酸素運動、食事、適度な睡眠、脳の活性化運動が重要になるそうです。

認知症は物忘れがどんどん頻繁に発生しているという事実に気を取られなくなってしまうそうです。物忘れは、一時的に現れる記憶障害で自然老化現象であるのに対し、認知症は、いくつかの記憶を永遠に忘れてしまうそうです。

物忘れは脳の記憶容量が不足して記憶を忘れてしまう症状らしく、回復されるみたいですが、認知症は、徐々に症状が悪化する特性があるそうです。

とあるアンケート調査の結果だと、老後に最も気になる病気の1位が認知症だったりもするそうです。
医術の発達で平均寿命は年々長くなっていますが、 高齢者人口が増えるほど、認知症患者も増えざるを得ないらしいです。

努力するほど、脳はよくなるらしいです。でも、脳にも適度に休むことができる休憩が必要らしいです。ストレスと心配は脳に悪い影響を与えるので考え過ぎるのも良くないそうです。








プロフィール

biyo

Author:biyo
誰にも聞けない健康やその他のお悩みについて、老若男女問わず、皆様のお役に立つ事を書いていけたらと思います。記事をお探しにくい場合は下にある検索フォームを使ってみて下さい。私はポケモンや鬼滅の刃を見たり歌を歌ったりして癒されています。ぜひこのブログの広告の品で良いなと思ったものを活用してみてください。皆様が私のブログを見て頂いているのは幸運な事がおこる巡り合わせかもしれません。今後とも皆様に幸運が訪れることを心からお祈り申し上げます。
 /></a><br /><a href=にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ


Airランキング
ブログ王
Twitter
Instagram
note
TikTok
YouTube

































































































































































全記事表示リンク

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR