FC2ブログ

不眠症⑨

人は人生の3分の1を睡眠時間に使うそうです。計算してみると、平均26年ほど寝ることになるそうです。この26年は、残りの人生を元気に生きるために必要不可欠な投資だそうです。これを見落として睡眠時間を減らしてしまうことは、健康を台無しにしてしまう近道でもあるそうです。もし睡眠をきちんとできない生活が続く場合は、脳に老廃物が蓄積されてしまうため、免疫力が低下して、ウイルスや細菌感染などに非常に脆弱な状態になってしまうそうです。

睡眠をしないと、次の日に非常に辛くなってしまう理由は、脳は睡眠中に、様々な異物を処理し、脳細胞と記憶を整理するそうですが、寝ないと、これらの活動をできず、脳細胞が損なわれてしまうからだそうです。脳は損傷を最小限に抑えるために、生存に必要な最低限の機能を残し活動を弱めていってしまうそうです。

不眠症の治療には生活習慣の改善が重要だそうです。他には寝具の見直し、サプリの利用なども、とても有用だそうです。
















スポンサーサイト



不眠症⑧

不眠症により寝不足が続くと、頭痛、吐き気、めまい、食欲バランスの崩れ、肌質の悪化、記憶力の低下、思考力の低下、ストレスの増加、うつ病リスクの増加など色々な症状が起こってしまうそうです。

米国の学者さんたちが睡眠状態であるラットの脳を研究した結果、寝ている間に、脳細胞間のスペースが広くなり、脳の中に溜まった毒素を除去するという事実を明らかにし論文に出したそうです。2013年に学術雑誌「サイエンス」で研究成果の一つとして選ばれたそうです。

2019年には、人間を対象に同様の研究が実施されて、人間も睡眠中に脳脊髄液が脳細胞内のベータアミロイドをはじめとする毒素(老廃物)をきれいにすることが証明されたそうです。一度眠りに落ちるとき、脳のニューロンが順次活動を停止し、活動が停止されたニューロンは、多くの酸素を必要としないため、一時的に血液の供給が遮断されるそうです。そして、血液が抜けた場所に脳脊髄液をかけて老廃物をきれいにするそうです。

睡眠中に掃除されている老廃物であるベータアミロイドは、アルツハイマー病の原因物質の一つで、十分な睡眠が認知症の予防に不可欠であることも証明されたそうです。











不眠症⑦

英国の研究者調査によるとコロナの時期で睡眠障害を経験する人は15.7%から24.7%に増えてしまったそうです。特に0歳から4歳の子供を持つ母親の場合、睡眠障害を経験する割合が19.5%から40%に、5〜18歳の子供を持つ母親の場合21.7%から38%に急増してしまったそうです。

性別によっても不眠症に苦しむ程度に差があったそうです。男性の場合、睡眠障害を経験する割合が11.9%から16.5%に増加したそうですが、女性の場合は18.9%から31.8%に急増してしまったそうです。従事する職業によっても差があったそうです。コロナの影響を大きく受ける健康、社会福祉、教育分野の労働者さんの場合、睡眠障害を経験する割合が16.4%から28.9%に増えてしまったそうです。

不安に起因する睡眠障害を経験する場合、アイマスクや遮光カーテンを使って寝室環境を暗くして、ベッドルームの湿度と温度を調整すると良いそうです。また、マットレスや枕などの睡眠用品を自分に合ったものに交換するのも重要だそうです。
















不眠症⑥

人は十分な睡眠をとらない場合、通常の生活の維持が難しくなってしまうそうです。十分な睡眠をとらなければ感情調節能力が歪曲されて、精神的健康に致命的な影響を与えてしまうこともあるそうです。

睡眠時間の不足は、糖尿病や心血管疾患、肥満のリスクを増加させて、さらに3夜連続して安眠をとらなければ知覚の歪み、幻覚、妄想などが現れるという研究結果があるそうです。そのため、アメリカ疾病管理予防センター (CDC)は、現在の成人は一日に7〜9時間を推奨睡眠時間としているそうです。このように睡眠障害は、精神衛生上の問題が、不安、抑うつ、気分のむら、統合失調症などの発生リスクを高めてしまうそうです。

不眠症の改善には睡眠音楽を寝る前に聴くと良いそうです。筋肉を弛緩させたり、呼吸に集中することができるそうです。また、心構えを快適にし、肯定的な精神的イメージを生成するなどの認知療法もおこなうと良いそうです。



















不眠症⑤

高温多湿の天候は、夜も続き、夏の代表的な睡眠障害である「不眠症」につながっているそうです。夏場の適正睡眠温度は25~26 ℃ で、湿度は約50%を維持するのが良いそうです。ですがこれらの睡眠環境をつくるのは難しいそうです。一日中湿気にさらされた家は、湿度が70%を超えがちで、換気をしていない室内の空気は湿度が高く快適な睡眠を妨害してしまうそうです。これは、既存の不眠症がなかった人でも簡単に眠りに入る難しい環境だそうです。さらに普段不眠症に苦しんでいる場合は、症状を悪化させてしまうそうです。

睡眠障害である不眠症は、夜に寝たいが眠れない症状が代表的で、十分な睡眠を取らないと昼間の時間帯に疲労感、眠気、意欲喪失などで日常生活に支障を与えてしまうそうです。不眠症の根本的な予防と治療は、通常の睡眠をとることができる生活習慣を作ることで、就寝時間と起床時間を決めて、1時間以上ずれないようにするのが良いそうです。また、カフェインなどが含まれるエナジードリンクなどは、避けたほうが良いそうです。

安眠のためには、体温が通常よりも下がるように、ぬるま湯でシャワーするのが良いそうです。扇風機は直接風に当たらないように上に向け、布団などの寝具類は、通気性の良い夏用に交換するようにして、布団に入る30分前には、スマートフォン、読書、TV視聴などを避けると良いそうです。







不眠症④

不眠症は、特定の理由により発症するのではなく、様々な状況やストレスが複合的に作用して発症するらしいです。多くの人が不眠症の原因を職場でのストレスからだと考えている場合が多いそうです。しかし、不眠症は精神的、身体的な問題を含めて非常に多様な原因から来ている病気のようです。なので、より詳細な原因を調べる必要があるそうです。

薬の服用による不眠症もあるそうです。普段服用している薬の中に、不眠症を誘発する成分がある場合に不眠症があらわれる事もあるそうです。代表的な薬としては、抗がん剤、甲状腺治療薬、抗けいれん剤、抗うつ薬、経口避妊薬、などがあるそうです。

誤った生活習慣も不眠症の原因になる場合もあるそうです。睡眠時間が頻繁に変化したり、睡眠直前激しい運動をしたり、カフェイン成分が多く含まれた飲み物を飲む習慣も不眠症の原因になる可能性があるそうです。

睡眠環境による不眠症もあるそうです。寝室での自動車通過音や飛行機の音や近所の人の騒音がよく聞こえる環境などは不眠症の発症率が高いそうです。また、眠るときの照度と温度も重要らしいです。睡眠スペースが明るすぎたり、温度が低すぎたり、あるいは高くても、睡眠を妨害する要因になるそうです。

不眠症による睡眠不足が生活に及ぼす影響は精神的な活動をゆっくりにするそうです。普段よりも反応速度が遅くなり、複雑な創造性が要求される業務を行う場合、業務能力が大幅に減少する事もあるそうです。また、集中力の低下により、現場作業中の事故が発生することもあるそうです。特に、製造、建設現場では、一瞬のミスが大きな人身事故につながる可能性がありますので、睡眠時間は重要視されているそうです。

不眠症予防にはテレビやスマートフォンを見る代わりに読書をするのも良いそうです。電子機器から出る光がメラトニン分泌を抑制して寝入ることを妨げる事もあるそうです。睡眠に入っても大脳が覚醒して深い眠りに陥りにくくなってしまう事もあるそうです。

不眠症は、病気と考えずに治療をしていない場合が多いそうです。しかし、不眠症は、よりひどくなり、日常生活に大きな影響を与える事もあるそうです。そうなる前になにかしらの対策を取ったほうが良いそうです。





不眠症③

睡眠薬や睡眠誘導剤は、不眠症のための根本的な治療法ではないそうです。副作用を防ぐために服用の際に必ず医師に相談しなければならないそうで、不眠症の根本的な原因を見つけて治療することが重要らしいです。

睡眠薬と睡眠誘導剤に対する気がかりも増えているそうです。睡眠薬と睡眠誘導剤は、別の薬物であるそうです。睡眠薬は、主に不安な気持ちを安定させてくれる、精神安定剤、すなわち抗不安を指すそうです。抗不安薬として使われるベンゾジアゼピン系薬剤は、不安だけでなく、睡眠誘導、筋肉弛緩、発作の予防などの他の作用もあるそうです。長期間の使用時、薬物依存度が高くなり、脳機能を落とす副作用が起こる可能性もあるとのことです。

これらの副作用を補完して、睡眠誘導機能のみを選択的に作ったのが、非ベンゾジアゼピン睡眠誘導製というそうです。代表的にゾルピデムという睡眠誘導製があるそうですが、ゾルピデムは、睡眠を誘導した後、体から抜けていくためベンゾ系の抗不安薬より比較的安全であるそうです。しかし、睡眠誘導剤を長期間乱用すると、副作用が発生してしまう事もあるそうです。ゾルピデムの寝ようとする力と睡眠障害の力が衝突すると夢遊病の症状が起きてしまう事もあるそうです。ゾルピデムを頻繁に服用すると耐性が生じてしまう事もあるそうです。この場合は、睡眠障害がひどくなってしまう可能性もあるそうです。






不眠症②

不眠症はうつ病などを誘発することもあるそうです。睡眠は寝ながら日中たまった感情やストレスを解消する役目なのに、このプロセスがスムーズでないと、うつ病などを誘発してしまう可能性があるそうです。睡眠時間は6時間以上とるのが良いそうです。

軽い不眠症は、睡眠衛生を守るだけでも回復することがあるそうです。寝る前のTV視聴やスマートフォンの使用は可能な限り減らしたほうが良いそうです。熟睡の過度執着はむしろ不眠症を誘発してしまう可能性があるそうです。眠れない場合はヨガ・瞑想・読書などの緊張を解放する活動をした後、再び睡眠を取るのも良いそうです。

睡眠衛生をよく守っても解決されない時は、専門医の診断と治療を受けてみるのも良いそうです。薬物治療もしてみることができるそうですが、睡眠薬は耐性や副作用を引き起こす可能性があるそうです。できるだけ短い期間だけ服用することが良いそうです。高齢者さんは、睡眠薬の副作用に、他の年齢層よりも脆弱であるそうです。特に慢性疾患で薬を服用している場合、専門医と相談して決めなくてはいけないそうです。




不眠症①

眠れない高齢者さんが増えているそうです。高齢者になると、いくつかの理由のために不眠症が悪化するそうです。主な原因は、脳の老化だそうです。睡眠を担当する脳の「視床下部」が老化すると、生体リズムの調整能力が低下して、睡眠を調節するホルモンの分泌も減るそうです。

コロナの影響で昼間外に出れないのも、結果的に健康的な睡眠を妨げているそうです。太陽の光に当たると幸せホルモンと呼ばれるセロトニンが分泌されるそうです。セロトニンは、睡眠を助けるメラトニンを合成させるそうです。昼間に十分動いて適度に疲れている状態だと、安眠の助けになるそうです。これは夜に副交感神経が活性化されて睡眠をじっくりできるようになるそうです。

不眠は、いくつかの疾患の発生リスクを高める可能性もあるそうです。不眠症は、認知症の発症率を最大50%まで高めるとも言われてるそうです。「ベータアミロイド」という「不良タンパク質」があるそうです。脳の神経細胞にベータアミロイドが異常にたまって脳機能障害を起こすと認知症につながる事もあるそうです。ベータアミロイドは、起きている間の脳活動に発生し、睡眠中に分解されるそうです。不眠は、ベータアミロイドの蓄積の原因になってしまうそうです。




プロフィール

biyo

Author:biyo
誰にも聞けない健康やその他のお悩みについて、老若男女問わず、皆様のお役に立つ事を書いていけたらと思います。記事をお探しにくい場合は下にある検索フォームを使ってみて下さい。私はポケモンや鬼滅の刃を見たり歌を歌ったりして癒されています。ぜひこのブログの広告の品で良いなと思ったものを活用してみてください。皆様が私のブログを見て頂いているのは幸運な事がおこる巡り合わせかもしれません。今後とも皆様に幸運が訪れることを心からお祈り申し上げます。
 /></a><br /><a href=にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ


Airランキング
ブログ王
Twitter
Instagram
note
TikTok
YouTube

































































































































































全記事表示リンク

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR