FC2ブログ

低血圧③

起立性低血圧がある場合、認知症などのリスクが高いという研究結果があるらしいです。起立性低血圧は、座ったり横になっている状態から立ち上がるとき、血圧が落ちてめまいを感じる現象の事らしいです。

米国ジョンズ・ホプキンズ大学の神経学の研究チームは、大人1万1709人​​を25年間調査したらしいです。研究参加者は、心臓病や認知症病歴がない平均年齢54歳の大人のだったそうです。研究チームは、5年ごとに、参加者の認知症や脳卒中の発症を観察しました。研究期間に1068人が認知症を、842人が虚血性脳卒中を患ったらしいです。

起立性低血圧の患者は起立性低血圧がない人と比べて認知症と虚血性脳卒中のリスクが高いことが分かったそうです。起立性低血圧がある参加者の認知症の発症率は12.5%であり、起立性低血圧がない参加者は9%だったらしいです。また、起立性低血圧患者の虚血性脳卒中の発生率は15%、そうでない人は7%だったらしいです。起立性低血圧がある場合、一時的に脳への血液供給がうまくできないらしく、これが繰り返され、認知症や虚血性脳卒中などの原因となる場合があるらしいです。

スポンサーサイト



低血圧②

夏になると深刻なめまいを感じたり、ひどい場合は失神までしてしまう人が多いそうです。高血圧に比べ低血圧は、その深刻さを感じない場合が多いそうです。失神で外傷をもたらす緊急事態に直面しないよいに注意が必要だと思います。猛暑が低血圧誘発する時はすぐに休憩しなければならないそうです。

夏には体温を維持するために、血管を拡張させて、汗の排出が増加するらしく、これにより、血流が減少すると、脱水現象が現れるらしいです。暑さのために、筋肉と血管が弛緩され、頭に行く血液量も低下するとめまいが現れて、ひどい場合は失神したりしてしまう事もあるそうです。最近はコロナ予防のために常時着用するマスクも、体の温度を高めて低血圧を加重する原因の一つとして作用するらしいです。

低血圧は、高血圧とは異なり、特別な症状が現れない場合、特別な治療が必要ないと思う人が多いそうで、暑さのために、一時的にめまい、体に力が抜ける感じがしても、しばらく休憩して回復すればよいと思う人も多いそうです。ですが、眩暈がするようになっても倒れないように粘ることは危険な行動らしく、めまいを感じたときに、すぐに休憩を取るべきらしいです。無理に堪え失神すれば、倒れる過程で頭に外傷を負うなど、緊急事故につながることもあるので十分注意が必要だと思います。

夏の低血圧による事故を予防するためには脱水症状を防ぐために、水分の摂取量を十分にするのが重要らしいです。簡易な塩辛い食べ物は、血圧を高める効果があるらしく、塩辛い食べ物を適量食べることも有用であるそうです。高齢の方の場合は太陽が最も強く照りつける日中には、野外活動を自制するのが良いそうです。女性は月経周期の影響も受けているそうです。女性はホルモンが原因で血管が弛緩・拡張しながら、問題が生じることもあるそうです。生理の量が多いと、脱水が悪化することもあるそうです。生理の量が、多い女性であれば、夏場の水分補給にさらに気を使わなければならないそうです。


低血圧①

早い暑さに低血圧の患者が増えているそうです。高血圧が脳血管疾患の原因になるという事はよく知られているそうですが、低血圧がどのように危険なるかは知らない人が多いそうです。

低血圧は、一般的な症状としては、疲労、めまい、手足冷え性、集中力・持久力の減少、頭痛、不眠症、呼吸困難、食欲減退、便秘、下痢、腹痛などがあるそうです。体に血液がよく供給されず、頭痛やめまいが起こり、身体の臓器に酸素の供給が不足になるそうです。放置すると、致命的な疾患を誘発することもあるそうです。低血圧は、視神経に血液を十分に供給できず、視力障害を誘発することもあるそうです。目への血液が減り、突然めまいがして倒れてしまう場合もあるそうです。

低血圧患者数が多い月は7、8月らしいです。低血圧の症状が夏によく起こる理由は、汗がたくさん出て体内の水分が不足しているからだそうです。体内の水分が不足すると、血液量も減少し、血圧が低下するそうです。高い気温に筋肉が弛緩されていることも影響を与えるそうです。筋肉が弛緩すると、血管が緩んで血液が移動する速度が遅くなり、血圧が低下するそうです。

今年は平年より猛暑が早いので低血圧患者の方は健康管理に気をつけないといけないそうです。夏は冬よりも相対的に血圧が低いらしく突然立ち上がるときに「起立性低血圧」が頻繁に発生する場合もあるそうです。私たちの体の血管は猛暑にさらされると拡張され、この時に姿勢に変化を与えると血圧に変動が生じるそうです。座って立ち上がったとき、血管が瞬間的に収縮しながら、脳への血流が減少し、これによりめまいが起こるそうです。

起立性低血圧は、座っていたり横になっている状態から起き上がるときに、瞬間的にめまいや、めまいと一緒に目の前が真っ暗になる症状が現れる疾患らしいです。ほとんどの場合、起こったときに再び横になったり、時間が経過すると治まる場合が多いそうです。でも、自分も知らない間に突然意識を失ったり、倒れると大きな事故につながる可能性があるので、十分注意が必要らしいです。

低血圧を防ぐには原因となる疾患を治療することが優先らしいです。特定の疾患のせいではない場合、ビタミンBと葉酸を十分に補うことが有用らしいです。ビタミンBと葉酸は、正常血圧を維持するのに役立って、血液の循環を促進するそうです。ビタミンBは、チーズ、牛乳、ヨーグルトのような乳製品や魚に多いそうです。葉酸はブロッコリーやホウレンソウのような濃い緑の野菜に多いそうです。

豆は、低カロリー食品で必須アミノ酸が豊富で、血圧の調節に効果があるそうです。豆腐、納豆など大豆が入った食品を頻繁に摂取すると、低血圧の予防に有用らしいです。ナッツはビタミンEが豊富に含まれた食品らしいです。ビタミンEは、血液の循環をスムーズにしてくれるそうです。カボチャとニンジンはベータカロチンが含まれているそうです。ベータカロチンは、体内に入ると、ビタミンAに変わって免疫力の向上と、血液の循環もスムーズに助けてくれるそうです。低血圧の症状の一つである冷え性や肩こりを緩和するためにも良いそうです。ニラと春菊も代謝と血液の循環をスムーズにしてくれるそうです。これらの食品を着実に食べたり、栄養剤を補充すると低血圧の予防に有効らしいです。頻繁に水を飲むことも重要らしいです。体内の水分が増えれば血液量も増加して血圧が低下かける防ぐことができるそうです。お酒とコーヒーはむしろ脱水を誘発するため、摂取を控えるのが良いそうです。

運動も、血液の循環を助け、新陳代謝を促進して低血圧を緩和するそうです。でも、最初から激しい運動をするのは良くないそうです。夏場は暑さによる脱水症状が起こるので、なるべく室内でストレッチなどの軽い運動を繰り返しても十分な運動効果を得ることが出来るそうです。低血圧は、心理状態とも関連があるそうです。趣味に没頭したり、気分転換の機会を頻繁に持つのが良いそうです。半身浴は、血液循環を促進して、血圧上昇に貢献して、ストレス解消にも優れているそうです。

プロフィール

biyo

Author:biyo
誰にも聞けない健康やその他のお悩みについて、老若男女問わず、皆様のお役に立つ事を書いていけたらと思います。記事をお探しにくい場合は下にある検索フォームを使ってみて下さい。私はポケモンや鬼滅の刃を見たり歌を歌ったりして癒されています。ぜひこのブログの広告の品を活用してみてください。皆様が私のブログを見て頂いているのは幸運な事がおこる巡り合わせかもしれません。今後とも皆様に幸運が訪れることを心からお祈り申し上げます。
 /></a><br /><a href=にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ


Airランキング
ブログ王
Twitter
YouTube




































































































































































全記事表示リンク

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR