FC2ブログ

メタボリックシンドローム②

主な症状として、メタボリックシンドローム(代謝症候群)は、心臓病や糖尿病、脳卒中をはじめ、健康問題の危険性を増加させる高血圧、高血糖、高中性脂肪血症、などの症状だそうです。特に男性の腹部肥満の原因である中性脂肪と内臓脂肪を放置時には、身体に深刻な副作用を引き起こすこともあるそうです。美容目的ではなく、健康のためにも、男性のダイエットは選択ではなく必須だそうです、場合によっては、ダイエットサプリメントなどの支援を受けるのも良いそうです。

男性は女性に比べて内臓脂肪と中性脂肪の割合が高い場合が多いそうで、男性に特化した原料と成分を選択するのも良いそうです。

ただしサプリメントや健康食品を選択する際に迅速な効果だけを追うと、体に無理を与えたり、副作用の要素がある製品は注意しなくてはいけないそうです。少なくとも3ヶ月から6ヶ月以上着実に摂取し、適切な運動と食事調節を並行して徐々に改善を目指すのが良いそうです。

スポンサーサイト



メタボリックシンドローム①

時折、胸の痛みや、冷や汗、呼吸困難、吐き気、めまいなどの症状が持続する場合があれば、メタボリックシンドロームではないか、チェックすべきだそうです。メタボリックシンドローム(代謝症候群)は、ウエスト周囲径(おへその高さの腹囲)が男性85cm・女性90cm以上で、かつ血圧・血糖・脂質の3つのうち2つ以上が基準値から外れると、メタボリックシンドロームと診断されるそうです。

この症状が普段生活に大きな脅威にならないと油断してしまうらしく、男性の場合、飲酒や喫煙、ストレスで、30〜40代で、メタボリックシンドロームが発生する場合が多いらしいです。女性は閉経後の体重が増加する50〜60代で発症する場合が多いそうです。このような代謝症候群を放置すると、糖尿病、高血圧、心筋梗塞、脳卒中などのリスクが高くなるそうです。メタボリックシンドロームがある場合、冠動脈疾患の発生率が一般人に比べて最大3倍、糖尿病の発生率は、最大5倍になってしまうそうです。

メタボリックシンドロームの主な原因は、欧米化された食生活と運動不足であるそうです。これにより、腹部肥満が発生して、インスリン抵抗性が低下するそうです。インスリンの効果が低下すると体内にインスリンがあっても、血糖値が下がらない状況が来るそうです。血糖値が下がらない場合は、私たちの体は再びインスリンを分泌するそうです。長時間血管内インスリン濃度が高いと動脈硬化が生じることになるそうです。

これらの代謝症候群を予防するには、動物性タンパク質と炭水化物の過剰摂取を減らさなければならないそうです。代わりに玄米などの穀類や野菜・果物、植物性タンパク質、不飽和脂肪酸が多いナッツや青魚などを食べると良いそうです。また、血中中性脂肪の数値を増加させるお酒とタバコは減らし運動をするのが良いそうです。 1日30分程度のウォーキングや軽いジョギングは体重を減らすのに役立つだけでなく、血圧の改善と、血中コレステロールの減少、糖尿病の発生リスクを減少させるそうです。1年に5〜10%程度の減量、規則的な運動、禁煙、食事管理などの生活習慣を変えるだけでも、メタボリックシンドロームの改善につながるそうです。

プロフィール

biyo

Author:biyo
誰にも聞けない健康やその他のお悩みについて、老若男女問わず、皆様のお役に立つ事を書いていけたらと思います。記事をお探しにくい場合は下にある検索フォームを使ってみて下さい。私はポケモンや鬼滅の刃を見たり歌を歌ったりして癒されています。ぜひこのブログの広告の品を活用してみてください。皆様が私のブログを見て頂いているのは幸運な事がおこる巡り合わせかもしれません。今後とも皆様に幸運が訪れることを心からお祈り申し上げます。
 /></a><br /><a href=にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ


Airランキング
ブログ王
Twitter
YouTube




































































































































































全記事表示リンク

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR