FC2ブログ

癌⑬


、大腸などに比べてあまり知られてないが胆嚢と胆道だそうです。高カロリー食品の摂取量が増えて患者数が増加しているそうです。 5年相対生存率は約29%で、最悪のに選ばれる膵臓癌の約12%に次いで、予後が悪いそうです。

・胆嚢癌と胆道癌。
胆汁を十二指腸まで運ぶ経路を胆道で、この胆道に生じた癌が胆道癌だそうです。胆嚢は胆汁を一時的に蓄えるところで、この胆嚢に発生した癌が胆嚢癌だそうです。

・胆嚢癌- 胆道癌の症状
1.皮膚や白目が黄色く変わる。胆道癌の代表的な症状が黄疸だそうです。黄疸は、癌が胆道から十二指腸につながる部分を防ぎ胆汁の流れが妨げられ、それに応じて血液内に「ビリルビン」という物質が多くなって生じるそうです。黄疸になると、皮膚や白目が黄色く変わるそうです。

2.茶色の尿と灰白色便。皮膚のかゆみが生じる。胆道癌の症状である黄疸があれば排便時に異常が発生してかゆみを感じるそうです。胆道閉鎖は徐々に行われるため、黄疸は胆道癌が進行した状態で現れ、痛みがない場合が多そうです。

3.減量。ほとんどの癌の共通の症状が体重減少だそうです。ダイエットや激しい運動をしていないのに、理由もなく体重が減った場合、体に異常があるという信号だそうです。

4.疲れ。癌だけでなく、体に病気に生じた場合、当然活力が落ちて疲れを感じるそうです。理由もなく疲れが長い間続けば、自分の体に関心を払う必要があり、病院で癌を発見する場合も多いそうです。

5.食欲不振、吐き気、嘔吐。胆嚢の異常信号は消化器障害の症状と似ているそうです。好きだった食べ物が嫌いになる。ひどい場合は嘔吐までしてしまう。

6.胸が痛い。胸の谷間の下の真ん中のくぼみに入ったところが胆道がある所で癌が発生した場合、痛みが発生するそうです。

7.熱が出る。1〜6の症状と一緒に体から熱がでたら、胆嚢と胆道の異常を疑うのが良いそうです。

胆嚢癌、胆道癌の生存率が低いのは、初期には何の症状もなく遅く発見する場合が多いからだそうです。代表的な症状である黄疸が発生した場合、すでに癌が進行した場合がほとんどだそうです。なので常に健康に関心を持って着実に検診を受けるのが良いそうです。最近では定期健康診断が広く普及し腹部超音波検査で、初期胆嚢癌が発見される場合も増えているそうです。

現時点で胆嚢癌 、 胆道癌の発生原因が正確に明らかになったものはないそうです。環境的要因と遺伝的要因が複合的に関与することが知られているそうです。胆嚢結石がある人はない人よりも、胆嚢癌の発生リスクが5〜10倍程度高いそうです。胆石症は油性食品などコレステロールが多い食品を頻繁に食べる場合リスクが高くなってしまうそうです。











スポンサーサイト



癌⑫

現代医学は驚くほど発展して今は「がん」は、もはや「死の病」ではないそうです。がんにかかっても、適時適切に治療を受ける場合は生存率を高くすることができるそうです。治療の目的は、細胞をなくすだけではないそうです。患者を生かすことも、がんの治療において重要な部分だそうです。

と戦う究極の理由は、がんをなくそうとするのではなく、がんにかかった人を生かそうとすることだそうです。新薬開発への期待はお金を集めるそうです。ですが、新薬開発は、数十年の時間と努力、天文学的規模の開発費は、頻繁に失敗し、低成功率という特徴があるそうです。

の診断の分野では、世界的に注目されている開発(AI)との技術革新が可能だそうです。早期診断、同伴診断、転移の診断、腫瘍マーカーの開発は、癌の治療を助けるものであり、すでに一般的に使われている汎用化された科学や他の分野で技術を融合することができるそうです。














癌⑪

は、ストレスと密接な関連があるそうです。ストレスを受けると、消化酵素の分泌が低下し、胃の運動を萎縮させ、消化を妨害してしまうからだそうです。このような影響により、最近20代、30代の間で胃の発症率が増えているそうです。若い患者さんの胃は遅く発見される場合が多いそうです。「まだ若いからいいだろう」という考えのために胃を早期に発見していない場合が多いそうです。

は早期発見時の場合、完治率が90%以上と高いそうです。早期に発見された胃は、比較的単純な内視鏡切除で治療することができるからだそうです。発色剤が含まれているハム、ソーセージなどの加工食品はなるべく少なく食べるほうが良いそうです。代わりに抗酸化物質が多い、果物、野菜類を摂取すると、癌の予防に良いそうです。




癌⑩

プラシーボ効果とは何の効果もない偽薬による心理的治療効果をいうそうです。例えば、医師が小麦粉を患者さんに与え、「最近、世界的に効果が立証された薬です。これで明らかによくなります」と処方し、その薬を服用した患者さんの病気が実際に好転する可能性があることをいうそうです。このようにプラシーボ効果は、どのような現象でも心構えがいかに重要であるかを知らせる効果らしいです。プラシーボ効果と反対の概念でノーシーボ効果があるそうです。例えば患者さんに医師が「残念ですが、今月を越えるは難しいです」というと、実際の患者さんは、その月の内に亡くなられる可能性が高くなるという事らしいです。

事例としては、1950年代ポルトガル、リスボンの港に到着した船の冷凍倉庫で一船員の遺体が発見されたそうです。その船は、英国の港でワインを荷役した後、戻ってきた船舶であったそうです。船員の死亡原因は、冷凍倉庫の壁に詳細に記録されていたそうです。荷役作業の後、同僚の船員の誤りによって冷凍倉庫に監禁された彼は驚異的な寒さと苦痛の中で、体が徐々に氷のように固まっていく状況が書かれてたそうです。ところが事件現場を調査した結果、奇妙な事実が発見されたそうです。船員が亡くなられた冷凍倉庫の室温は19度だったことに。英国でワインを荷役した後、リスボンに向かうときの冷凍倉庫の電源は停止するからだそうです。冷凍倉庫のスペースが広く、空気も十分にあり、さらに冷凍倉庫の中に食料も十分にあったそうです。その船員が亡くなられた要素は、すぐに自分が寒い冷凍倉庫の中に閉じ込められた否定的な考えに満ち、周辺環境を正しく見なかったことらしいです。プラシーボ効果でが治った例もあるそうです。

人の心の中に積極的な考えや否定的な考えで現れる現象であるそうですが、その結果は正反対に現れるそうです。日常の中でも、プラシーボあるいはノーシーボ効果が影響を及ぼしていないか意識することが重要らしいです。








癌⑨

免疫化学療法が治療に効果を見せたそうです。免疫化学療法とは、抑制されている人体の免疫システムを活性化させ、細胞を死滅させる新しい機序の治療法らしいです。ほとんどのに幅広く使用することができて、患者自身の免疫強化を通じて治療するという点で、副作用が少ないそうです。

免疫抗がん剤は、患者自身の免疫システムを活性化して体内の免疫細胞ががん細胞を攻撃するように助ける役割をするそうです。免疫化学療法は、手術が不可能か、がんの再発、または転移した末期がん患者さんに新たな希望として浮上しているそうです。

免疫化学療法は、人体の免疫システムを活性化して選択的に細胞を攻撃するため、副作用が少なく、持続的な抗効果を見ることができるそうです。最適の治療法を探して適用してみることが重要らしいです。








癌⑧

肝臓は一度悪くなると再び回復するのは難しいらしく、肝臓の健康管理することは非常に重要らしいです。肝臓の健康のために欠かせない成分にUDCA(ウルソデオキシコール酸)という胆汁酸があるそうです。

体で生成される胆汁酸 でUDCAの割合はの3%ほどしかないため、外部からの補充することが重要らしいです。UDCAは毒素などの外部物質が体の中に入ってきたときに代謝で外部に排出する解毒作用を助けるそうです。体内に流入した毒素物質は肝臓で代謝を経て排泄されるそうですが、UDCAが肝臓の代謝活性化を助けるそうです。このほかにもコレステロール流入を防ぎ、胆汁酸の生成を介してコレステロール排泄をスムーズにする機能もあるそうです。代謝が悪くなると肝や大腸などに罹る可能性も高くなるそうです。

普段の食生活では、十分な量のUDCAを摂取しにくいので、栄養剤を介して補充するのが良いそうです。この時、UDCAとビタミンB群の両方が含有された製品を摂取すると、肝機能の低下に起因する全身倦怠、肉体疲労を解消する効果も期待できるそうです。





癌⑦

ヘリコバクターピロリ菌は、胃の代表的な原因として知られてたそうです。食べ物などでヘリコバクターピロリ菌に感染すると、胃の粘膜の萎縮が進行して、腸上皮化生という胃前の段階に悪化する場合があるそうです。ところが最近ヘリコバクターピロリ菌の感染がなくても発生する胃が注目されているそうです。

ストレスが原因で過剰分泌された胃酸が食道側に逆流すると逆流性食道炎を誘発するそうです。これにより、食道粘膜に傷ができバレット食道炎になる場合があるそうです。この部位が拡大されると、が生じやすくなるそうです。肥満により腹圧が上昇して胃酸の逆流が起こりバレット食道炎になり、につながることもあるそうです。肥満をはじめ、胃酸の逆流を引き起こす可能性がある生活習慣を改善することが非常に重要らしいです。

胸焼けは、最も顕著な胃酸の逆流症状らしく、慢性的な胸焼けがある場合は、内視鏡検査を受けたほうが良いそうです。日常生活では、暴飲、暴食と刺激的な食べ物の摂取を避け、肥満を防ぐために適切なカロリーを摂取し、食後はすぐ横にはならないほうが良いそうです。また、免疫力を低下する要因であるストレスをうまく管理することも重要らしいです。




癌⑥

過去のは、不治の病のように考えられていましたが、現代では、早期診断と手術を含む抗治療、放射線治療、分子標的治療などので長期生存率が飛躍的に上がったそうです。ですが、まだ死亡原因の多くの割合を占める致命的な疾患だそうです。は、複数の原因によって発生し、遺伝など先天的な原因と各種発物質曝露による後天的要因が複合して発生するそうです。

細胞が形成されると、自らの成長と分裂を促進する物質を作り出すそうです。の塊に血管が入って成長を持続することができるようにして、癌細胞が血流とリンパ管に沿って、他の臓器に転移されるそうです。このような理由から癌は、最初に生じた癌の塊と臓器を除去する手術だけで完治を期待するのは難しく、抗がん剤、ホルモン治療、標的治療など全身治療が必要な全身疾患だそうです。

癌を防ぐには、石油から生成された合成添加物を避けるのが良いそうです。中でもタール色素の着色料は発癌性が高いので注意が必要らしいです。








癌⑤

胃内視鏡検査をしたときに、たまに発見される十二指腸腺腫は良性でも、放っておけば、がんに変わることがあり、手術の範囲も大きくなってしまうので、事前に削除する必要があるそうですが、十二指腸壁が薄いため内視鏡で正確に除去することが容易ではないそうです。ですが、十二指腸腺腫を内視鏡で切除した結果、ほとんど再発せずに正確に治療される場合が多いそうです。

十二指腸腺腫は、上部消化管の内視鏡検査を受ける患者100人のうち1人程度で発見されるほど有病率が低いそうですが、がんに進行する可能性があるので、内視鏡にてできるだけ早く除去した方が良いそうです。

十二指腸腺腫は、特別な症状がなく早期発見が容易ではないそうです。少なくとも2年に1度は定期的に内視鏡検査を受けて十二指腸腺腫が発生していても、早期に発見し治療することが重要だそうです。

癌④

肺がんは、特異な症状がなく、初期発見が難しいそうです。診断時すでに50%以上で遠隔転移を伴っているそうです。肺がんが進行すると、まず、咳症状が発生することがあるそうです。喀血や胸痛なども現れる場合もあるそうです。このほか、腫瘍の位置に応じて、多様な症状が現れるそうです。腫瘍が食道を圧迫すると、食事が困難となり、喉頭神経を侵されると、かすれ声と声帯麻痺が生じるそうです。また、上半身の静脈が圧迫されると、呼吸困難、頭痛、紅潮、顔及び腕の浮腫、などが現れるそうです。

肺がんが疑われる場合、肺のコンピュータ断層撮影(CT)検査で確認して、組織学的確定を介して最終診断するそうです。加えて、転移するかどうかを確認するため、腹部CT、脳磁気共鳴画像(MRI)、陽電子放射断層撮影(PET-CT)などの検査を行うそうです。

肺がんを予防するには、禁煙が最も有効らしいです。肺がんの早期検診などを通じて早期に肺を発見、治療する努力も重要だそうです。




癌③

目にもが起こることがあるそうです。眼球だけでなく、まぶた、眼窩などに現れることもあるそうです。結膜炎が長く続く場合は早めに検査するのが良いそうです。

目に生じた腫瘍の(悪性腫瘍)の特徴は、触れたとき硬くて腫瘍の方向に血管が入る姿が見えるそうです。周囲の組織に固定されて動かず、ほとんど痛みが伴わないそうです。同じ場所に繰り返しものもらいが発生するときにも確認が必要だそうです。手術で完全に切除することは容易ではないそうです。

最近では、放射線治療の副作用を最小化するためにプロトンを利用した治療が試みられているそうです、これは従来の放射線治療に比べて副作用を最小化し、腫瘍を効果的に治すことができる方法として認められてるそうです。





癌②

米国の一家が毒性漂白剤をコロナを治療する万能薬として数万人に売って、検察に検挙されたそうです。検察によると、一家は産業用水処理と繊維・パルプ漂白に使われる二酸化塩素を水に混ぜた後、この有毒化学溶液をコロナ治療の万能薬であるかのように宣伝したそうです。

これらは、ミラクルミネラルソリューションという名前を付け、「この薬を飲めばコロナを予防し、治療することができる」と主張し、3月から数万人に偽の薬を販売したそうです。

保健当局の監視と規制を避けるために宗教団体が健康補助食品を売るように偽装し、偽の治療は、、アルツハイマー病、自閉症、エイズなども治療できると宣伝してたそうです。





癌①

癌細胞は、私たちの体の中にある細胞が過度に増殖したり、細胞の死滅が少なくなる場合成長するそうです。牛乳のカルシウム成分は、胃の粘膜細胞を保護し、細胞の増殖を抑制するらしく、胃癌の予防効果があるそうです。植物油は胃の粘膜を保護する必須脂肪酸の作用が注目されているそうです。

でも、植物油であっても、脂肪の過剰摂取は、心血管疾患などの原因になることがあるらしく、毎食1〜2スプーン程度の植物油を摂取するのが良いそうです。ですが、いくら良い食品をよく摂取しても、どのように調理するかによっては発ガン性物質が生成されてしまう事があるので注意が必要らしいです。

肉や魚を焼く時に黒焦げの部分に生成されるヘテロサイクリックアミンや炭化水素のような発ガン性物質は、調理方法だけ変えれば十分低減することができるそうなので、皆様も焦げに注意してみて下さい。





プロフィール

biyo

Author:biyo
誰にも聞けない健康やその他のお悩みについて、老若男女問わず、皆様のお役に立つ事を書いていけたらと思います。記事をお探しにくい場合は下にある検索フォームを使ってみて下さい。私はポケモンや鬼滅の刃を見たり歌を歌ったりして癒されています。ぜひこのブログの広告の品で良いなと思ったものを活用してみてください。皆様が私のブログを見て頂いているのは幸運な事がおこる巡り合わせかもしれません。今後とも皆様に幸運が訪れることを心からお祈り申し上げます。
 /></a><br /><a href=にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ


Airランキング
ブログ王
Twitter
Instagram
note
TikTok
YouTube

































































































































































全記事表示リンク

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR