FC2ブログ

更年期②

猛暑日が続き、憂鬱を感じる人が増えているそうです。暑さが長引くと疲労も蓄積して、体調不良を引き起こしてしまうそうです。中高年男性が憂鬱をひどく感じる場合は更年期による症状ではないか一度疑うのがよいそうです。

更年期は、女性だけの症状だと思って、自分の更年期を全く疑わない中高年男性が多いそうです。男性も筋肉の増加作用のあるテストステロンの分泌量が減り、様々な症状が現れるそうです。代表的なものは、不眠、不安と憂鬱感、性機能低下、関節炎、骨粗しょう症、膨らんだ腹、記憶・認知力の低下などらしいです。テストステロンは、炎症を抑制し、骨を丈夫にする役割もするそうですが、更年期が来れば、関節が痛み、炎症が起こることもあるそうです。動脈硬化やメタボリックシンドロームの発生リスクも大きくなってしまうそうです。

男性更年期を治したい場合は、病院では、男性ホルモンを補充する治療を受けることもできるそうです。その他には、ストレスを減らさなくてはいけないそうです。ストレスが多いとテストステロンがよく分泌されないからだそうです。家族との良好な関係を維持することも重要だそうです。男性は家庭が円満だとストレスを減らすことができるからだそうです。また運動も並行したほうがいいそうです。男性ホルモンの減少による筋肉量低下を補うことができるからだそうです。特に筋力トレーニングは、筋肉細胞が脂肪に変わるのを防ぐので、続けられたほうが良いそうです。










スポンサーサイト



更年期①

男性にも更年期があり、うつ病と似たようないくつかの症状があるそうです。責任感と経済的なストレスなどだけでなく、40代以降、男性ホルモンが低下し精神を安定させるセロトニンという物質も減少してしまうそうです。これにより、うつ病を誘発してしまう場合があるそうです。

男性は無意識に弱い姿を見せておらず、強い姿だけ見せなければならないという社会的通念と、自ら鬱の状態を認めないために、男性更年期のうつ病はきちんと治療を受けずに放置されている場合が多いそうです。男性更年期のうつ病を克服するためには、憂鬱やストレスを発散することができる趣味を楽しむのが良いそうです。その理由は、楽しさを感じる活動をすると、脳の緊張時に出てくるエピネフリンなどのホルモンの分泌が減り、セロトニンが増え更年期による憂鬱感が緩和されるからだそうです。

少なくとも2週間以上、憂鬱な気分がよくならない場合はうつ病を疑ったほうが良いそうです。うつ病は、意欲の低下や不眠などの生活に多くの不便さと苦痛を与えるため、予防することができる方法について事前に知り、対処することが重要だそうです。










プロフィール

biyo

Author:biyo
誰にも聞けない健康やその他のお悩みについて、老若男女問わず、皆様のお役に立つ事を書いていけたらと思います。記事をお探しにくい場合は下にある検索フォームを使ってみて下さい。私はポケモンや鬼滅の刃を見たり歌を歌ったりして癒されています。ぜひこのブログの広告の品を活用してみてください。皆様が私のブログを見て頂いているのは幸運な事がおこる巡り合わせかもしれません。今後とも皆様に幸運が訪れることを心からお祈り申し上げます。
 /></a><br /><a href=にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ


Airランキング
ブログ王
Twitter
YouTube




































































































































































全記事表示リンク

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR