FC2ブログ

口臭③

口臭の原因は一体なんでしょうか?

口臭と悪い口当たりの原因は、硫黄化合物を発生させる嫌気性細菌と密接な関連があるそうです。

細菌は、生息環境の変化に敏感に反応すると香りだすのと、厄介な味を感じさせる揮発性硫黄化合物で、腐った卵のにおいがするそうです。

このような細菌は、単に歯磨きや舌の表面をかき出すだけでは取り除くことができないらしいです。
これらの細菌は嫌気性細菌なので、舌の表面の下に生息するらしいです。

嫌気性細菌はどこ住んでいる?

舌下、喉、そして時々扁桃腺に生息してるらしいです。
舌の表面には、住んでいないらしいです。
なぜなら、酸素によって細菌が死ぬかららしいです。
したがって、舌を掻くことで硫黄化合物の一部だけ除去されても、舌の下の深いところに生息する細菌によって再生されるらしいです。

悪臭を発生させる膿栓とは?

扁桃腺の小さな穴に白く、黄色の小さな塊が付着しているのを発見したり、口の外に飛び出してくる状況があるらしいです。

首周りから生成された硫黄化合物と首に流れ落ちる鼻水が結合して作られて、非常に嫌な臭いを誘発するらしいです。

すべての人は朝に口臭がする?

睡眠中の人の脳は、食べ物を食べてないという事実を知って、唾液腺もリラックスに入るらしいです。

この時、硫黄化合物が発生するみたいです。そのため、朝目覚めるとすぐ最初に厄介な口臭を引き起こすことになるそうです。残念ながら、一部の人々の場合は、朝のみの口のにおいではなく、一日中持続してしまうことがあるそうです。

歯茎から血が出る。口臭より厄介だろうか?

単にフロスを使用したり、ブラッシングするときに血が出ると口臭を発生させる細菌に非常に優れた餌を供給することになるそうです。血液細胞は、完全なタンパク質の供給源であるらしく、これはすぐに揮発性硫黄化合物に変換されるらしいです。

ストレスは口臭との関係がある?

ストレスを受けると、副交感神経系の制御を受けるらしく、ストレスの最初の反応は、口渇にあらわれるそうです。
口の中が乾燥するほど口臭はより強くなるそうです。





スポンサーサイト



口臭②

口臭は、大人の半分程度が苦しんでいるらしく、一般的な症状らしいです。

特別な原因疾患がない場合、健康への脅威を加えないらしです。

しかし、個人のイメージと対人関係にも影響を与えるので徹底した管理が必要だと思います。

しかし、口臭を自分で気付くのはなかなか難しいと思います。
話を交わし、相手が口の臭いを感じる場合でも、相手に口臭の話を切り出す場合は、ほとんどないと思います。

通常自分の口臭がどのくらいなのか、症状に対してわからない場合が多いと思います。
会話をする相手が鼻を触ったり、眉をひそめたりなどの微妙な動きをしたら気にしてしまう方もいると思います。

数値化された口臭を確認したい場合は、口臭測定器を使用する方法もあるらしいです。
これは口臭を誘発する硫化水素とメチルメルカプタン等を、微細量まで測定して数値で教えてくれるみたいです。

自分の口の臭いがどの程度なのか、詳細な部分まで確認したい場合は、総合病院内の歯科に来院して口臭測定器を使用して確認してみるのも良いかもしれません。





口臭①

口臭を減らすためには、口腔ケアにまずは気を使わなければならないと思います。

口腔に食べ物のかすが残っていると細菌が急速に増殖するため、歯ブラシとデンタルフロスを利用して食べ物かすをまずは除去する必要があると思います。

細菌は乾燥した口で増殖をよくするらしく、口の中が乾かないようによく水を飲むと口臭を減らすことができるらしいです。

唾液は食べ物かすを除去するのに役立ち、口腔細菌を抑制するらしく、口腔内の粘膜が乾燥しないように、適切な水分供給をすることが重要らしいです。

砂糖が入っている飲み物、酸性の強い飲み物、ジュースなどより水を飲むのが良いらしいです。

新型コロナの流行により歯科訪問が困難なときほど、口腔の健康に致命的な喫煙や飲酒を避けたほうが良いそうです。

タバコは歯周組織に血流供給を減少させて歯周病を引き起こす可能性があるらしく、飲酒は脱水症状を引き起こして、口腔粘膜を乾燥させ虫歯や歯周病が発生させやすくするらしいです。


プロフィール

biyo

Author:biyo
誰にも聞けない健康やその他のお悩みについて、老若男女問わず、皆様のお役に立つ事を書いていけたらと思います。記事をお探しにくい場合は下にある検索フォームを使ってみて下さい。私はポケモンや鬼滅の刃を見たり歌を歌ったりして癒されています。ぜひこのブログの広告の品を活用してみてください。皆様が私のブログを見て頂いているのは幸運な事がおこる巡り合わせかもしれません。今後とも皆様に幸運が訪れることを心からお祈り申し上げます。
 /></a><br /><a href=にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ


Airランキング
ブログ王
Twitter
YouTube




































































































































































全記事表示リンク

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR