FC2ブログ

体臭④

人々は少しずつ、それぞれのにおいがすると思います。

しかし、過剰にアポクリン腺が発達した人の場合、本人はもちろん、他人が感じるほどのにおいが出るようになってしまう場合があるらしいです。

アポクリン腺は汗が保存されているが感情的な衝撃やストレスを受けるとすぐに分泌され分泌された汗は、白い服に黄色く簡単に着色されてしまうらしいです。

ワキガは季節的に夏に最もひどくなって運動をたくさんして汗が出る時も臭いがひどくなるらしく、程度がひどくなければ、本人も匂いを感じることができるほどで、広い周囲の人々も感じ取ることができ、それだと社会生活に大きな問題になってしまいますね。

ワキガの手術方法は、脂肪吸入器を用いた手術で、臭いを誘発する汗腺が存在する脇の皮下脂肪層を超音波エネルギーでまんべんなく破壊した後、腺組織層を吸入器で吸い出す簡単な方法があるらしいです。

この手術法は、過去の手作業に依存した手術方法よりも正確に汗腺組織を均一に破壊させることができるので、残りの腺組織による再発を減少させることができ、約1cmだけ切開するため、傷跡がほとんど残らず、3日後のシャワーが可能。手術時間は各側面約30分ほどらしいです。





スポンサーサイト



体臭③

手のひらや足の裏、脇の下、顔など他の人に比べて汗がよくたくさん分泌されることを多汗症といいます。

一部では、ストレスが多汗症を誘発する場合もあるそうです。多汗症は、局所的に、手のひら、足の裏、脇の下、脚の付け根、などに汗が出て、不快な臭いを伴う場合もあるらしいです。

多汗症の治療には、定期的に汗を洗い流し、汗をよく吸収する天然繊維で作られた、快適でだぶだぶの服を着るのが良いらしく、脇の多汗症は、汗を抑える薬が役立つ可能性があるらしく、不安を伴う場合には、緊張緩和の動きが有効らしいです。

薬物治療では、汗腺を抑制する塩化アルミニウムを塗れば効果を見ることができるらしいです。

脇または手のひらの多汗症の場合、他の方法で効果がないときは、汗の分泌を調節する交感神経中枢を手術で除去する方法もあるそうです。





体臭②

夏になるとエアコンなどで冷房の強い室内で長時間生活したりすると思います。

これにより、体温調節や血液循環にならなくて冷房病にかかる患者が増えているらしいです。

しかし、長時間寒いところに居るのは、冷房病だけでなく、汗の臭いがひどくなる原因にもなるらしいです。

長い間、体を涼しく保つと汗を排出できず、体の外にいかなければならない毒素が出ず汗腺の機能が弱まってしまうとのことです。

したがって、10分程度の休憩を取りながら体温を上げてくれるストレッチや軽い散歩をしたり、外に出るのが難しい場合は室内で行うことができるストレッチで体を解放するのが良いらしく、運動をしないと病だけでなく、汗の臭いがひどくなる原因にもなってしまうそうです。





体臭①

汗は99%が水分で、元のそれ自体は臭いがないらしいです。しかし、皮膚の細菌と混ざる事でにおいがするらしく、これが「汗臭」「脇の臭い」の正体らしいです。

体にはエクリン腺(一般的な汗腺)とアポクリン腺という二種類の腺があるそうです。

運動をしたり、天気が暑いときには汗は体温調節のためにエクリン腺から分泌される汗であるらしく、エクリン腺は全身に広がっている腺で主に、足の裏、脇の下、額に多く分布するらしく、一方、ストレスを受けたり、緊張すると、汗はアポクリン腺で出てくるらしいです。

アポクリン腺はほとんど脇に位置するらしく、体温と関係なく感情が激昂したり興奮したときに汗が出てくるらしいです。

アポクリン腺から出る汗は、脂肪分が多く、ワキガがあれば白い服を着たときに脇が黄色の色に染まる理由になるらしいです。
脇に生息する細菌によって分解されると、アンモニア臭などの悪臭にもなるそうです。





プロフィール

biyo

Author:biyo
誰にも聞けない健康やその他のお悩みについて、老若男女問わず、皆様のお役に立つ事を書いていけたらと思います。記事をお探しにくい場合は下にある検索フォームを使ってみて下さい。私はポケモンや鬼滅の刃を見たり歌を歌ったりして癒されています。ぜひこのブログの広告の品で良いなと思ったものを活用してみてください。皆様が私のブログを見て頂いているのは幸運な事がおこる巡り合わせかもしれません。今後とも皆様に幸運が訪れることを心からお祈り申し上げます。
 /></a><br /><a href=にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ


Airランキング
ブログ王
Twitter
Instagram
note
TikTok
YouTube

































































































































































全記事表示リンク

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR