FC2ブログ

ストレス軽減⑱

ストレス管理では、目標を定めるのが始まりだそうです。目標を設定することさえ負担になることがありますが、ストレスの兆候や生活について振り返り、管理目標を立てて何が必要なのか具体化するのが良いそうです。測定可能な管理目標を立てて、リソースを確認して、周りに助けを求めて時間制限を設定すると良いそうです。最後に、進行状況を評価し、修正すればよいそうです。

生活の中で自分自身を見て回って、堂々と挑戦して、周辺先輩たちと専門家のアドバイスをもとに、ストレスを管理すると良いそうです。







スポンサーサイト



ストレス軽減⑰

正しい姿勢はストレス管理、健康管理に必須らしいです。ストレートネックをはじめ、頚椎疾患を予防するために、正しい姿勢の習慣が重要だそうです。

頭が前方に突き出ないよう耳、肩、骨盤の位置が一直線上になるようにすれば首の負荷を軽減することができるそうです。伸び習慣も姿勢管理に大きな助けになるそうです。スマートフォンを使用するときは、画面の上部に目の高さに合わせ、首の角度を10度以下になるようにすると、首に加わる負担が大きく減るそうです。習慣を覚えれば姿勢は良くなるそうです。

趣味、スポーツ、瞑想など、様々なストレス解消法を使用して適時にストレスを解消することも重要らしいです。温水シャワーで一つになった首・肩の筋肉を解放するのも良いそうです。ストレス管理と疲労解消には規則的な睡眠と食事で健康的な生活パターンを維持することが重要らしいです。










ストレス軽減⑯

スマートフォンの使用時に適切な健康習慣を知っている人は多くないそうです。私たちは、スマートフォンを使用するときに、画面を表示するたびに頭を下にする姿勢をとる場合が多いそうです。頭を下げた姿勢が繰り返されると、頭の重さを支えるための頸椎と周辺の筋肉、靭帯に大きな負荷がかかり、この過程で筋肉痛、頭痛などが誘発されるそうです。

頭を15°だけ傾けても首には約12kgの負担が載るそうです。頭の傾きが大きくなるほど首に作用する荷重は、ますます増加するそうです。30°の角度で約18kg、60°で約27kgまで増えるそうです。

頚椎に繰り返し加わる負担は頸椎の間で緩衝作用をする椎間板の損傷を引き起こして頚椎椎間板ヘルニア発生の危険を高めるそうです。ストレッチや整体は曲がっ骨や筋肉、靭帯の位置を矯正して、身体の構造・機能的な問題を解消する治療法で首などの特定の部位に集まる圧迫を解消させるそうです。








ストレス軽減⑮

ストレスは首の健康とも大きな関連性があるそうです。ストレスを受けると、血管が収縮され、全身の筋肉を緊張させるそうです。疲労や大きくストレスを受けた日に首の後ろが堅くなる感じがするのもこのためだそうです。頚椎の緊張状態が続くほど、頭の重さは、首全体に均等に分散されず、頚椎のバランスが崩れることになるそうです。これはドミノ倒しのように背骨全体に影響を及ぼし腰椎椎間板ヘルニア(椎間板ヘルニア)、骨盤不均衡などの筋骨格系疾患の原因となることもあるそうです。

このような場合、鍼治療または灸治療が有用だそうです。鍼治療は、過度のストレスが原因で硬直し、筋肉や靭帯に直接刺激を与え、周囲の組織を弛緩させる効果があるそうです。灸治療の場合、暖かい空気を経絡に吹き込むことにより、気血と経絡を疎通させ、ストレス解消と気力を強化するのにも有用だそうです。










ストレス軽減⑭

コロナの事態による財政不安でストレスを受けている人が増えているそうです。特に若い会社員らが大打撃を受け、ストレスが高まっているそうです。高ストレスの原因は、財政の心配、家族介護の心配などが多いそうです。

自分の人生のコントロール不能という状況にぶつかったときの学習として良いのが、無力感を避けることらしいです。機会を探して機会を持つ方法を見つけるのが良いそうです。将来的に家で仕事をする機会を持つことが、ストレスを減らすと答えた若者が半分以上だそうです。

財政的に安定できる見通しを迅速に理解することは非常に重要らしいです。










ストレス軽減⑬

世界保健機関(WHO)は、2030年の会社員の生産性に影響を与える病気の1位がうつ病をはじめとするストレス性精神疾患としたらしいです。

憂鬱、不安、不眠、中毒などの精神的な問題は、個人はもちろん、企業の生産性にも大きな影響を与えるそうです。会社はもはや個人の問題として扱わないようになっているそうです。従業員のメンタルヘルスに投資することは、会社にとっても徳を得ているそうです。最近多くの企業が従業員の精神的健康に関心を持って相談所をはじめとする様々なサービスを提供しているそうです。

不安がひどくなるとパニック障害まで経験する人が少なくないそうです。日常のリズムも問題らしいです。不安をもたらす要因は、睡眠不足、過度のダイエットをはじめとする不適切な食事、過剰なカフェイン摂取、過度の飲酒、過労などらしいです。このような状況では、日常のリズムが崩れ、自律神経が調和を失い、パニック状態に陥りやすくなるそうです。睡眠不足は、不安を増加させるそうです。炭水化物摂取が急激に低下しても不安感が大きくなるそうです。

ストレス軽減⑫

現代人の仕事と生活はいつも緊張とストレスの連続だそうです。今年はコロナが続く中、ストレスや不安、抑うつなどに悩まされた会社員が多くなったそうです。終わりそう見えた防疫はまだ現在進行形であるそうです。

不安やストレスはどのように対応して対処するかが重要であるかというと、特にストレスを取り除くという考えは禁物で、多読などで管理することが良いそうです。でも、誰もが難しいと思うそうです。それでも、希望がある場合の難しさは耐えることができるそうです。社会が、家庭がお互いに相手を大切にして配慮すると、大変でも耐える能力が生じるそうです。

コロナ以降の状況は誰も知りえないそうです。誰も経験したことがないストレスだからだそうです。不安で憂鬱なのは当然の現象らしいです。でも、少しだけ考えを変えてみると、今は普通の生活ともいえるそうです。早く帰宅し、時間が多くなった今が、今後の人生を設計する貴重な時間らしいです。本当に心配なら、その時間を自分のために投資し、今の実力を育てて自信が起これば、人生が変わることがあるそうです。








メタボリックシンドローム②

主な症状として、メタボリックシンドローム(代謝症候群)は、心臓病や糖尿病、脳卒中をはじめ、健康問題の危険性を増加させる高血圧、高血糖、高中性脂肪血症、などの症状だそうです。特に男性の腹部肥満の原因である中性脂肪と内臓脂肪を放置時には、身体に深刻な副作用を引き起こすこともあるそうです。美容目的ではなく、健康のためにも、男性のダイエットは選択ではなく必須だそうです、場合によっては、ダイエットサプリメントなどの支援を受けるのも良いそうです。

男性は女性に比べて内臓脂肪と中性脂肪の割合が高い場合が多いそうで、男性に特化した原料と成分を選択するのも良いそうです。

ただしサプリメントや健康食品を選択する際に迅速な効果だけを追うと、体に無理を与えたり、副作用の要素がある製品は注意しなくてはいけないそうです。少なくとも3ヶ月から6ヶ月以上着実に摂取し、適切な運動と食事調節を並行して徐々に改善を目指すのが良いそうです。


メタボリックシンドローム①

時折、胸の痛みや、冷や汗、呼吸困難、吐き気、めまいなどの症状が持続する場合があれば、メタボリックシンドロームではないか、チェックすべきだそうです。メタボリックシンドローム(代謝症候群)は、ウエスト周囲径(おへその高さの腹囲)が男性85cm・女性90cm以上で、かつ血圧・血糖・脂質の3つのうち2つ以上が基準値から外れると、メタボリックシンドロームと診断されるそうです。

この症状が普段生活に大きな脅威にならないと油断してしまうらしく、男性の場合、飲酒や喫煙、ストレスで、30〜40代で、メタボリックシンドロームが発生する場合が多いらしいです。女性は閉経後の体重が増加する50〜60代で発症する場合が多いそうです。このような代謝症候群を放置すると、糖尿病、高血圧、心筋梗塞、脳卒中などのリスクが高くなるそうです。メタボリックシンドロームがある場合、冠動脈疾患の発生率が一般人に比べて最大3倍、糖尿病の発生率は、最大5倍になってしまうそうです。

メタボリックシンドロームの主な原因は、欧米化された食生活と運動不足であるそうです。これにより、腹部肥満が発生して、インスリン抵抗性が低下するそうです。インスリンの効果が低下すると体内にインスリンがあっても、血糖値が下がらない状況が来るそうです。血糖値が下がらない場合は、私たちの体は再びインスリンを分泌するそうです。長時間血管内インスリン濃度が高いと動脈硬化が生じることになるそうです。

これらの代謝症候群を予防するには、動物性タンパク質と炭水化物の過剰摂取を減らさなければならないそうです。代わりに玄米などの穀類や野菜・果物、植物性タンパク質、不飽和脂肪酸が多いナッツや青魚などを食べると良いそうです。また、血中中性脂肪の数値を増加させるお酒とタバコは減らし運動をするのが良いそうです。 1日30分程度のウォーキングや軽いジョギングは体重を減らすのに役立つだけでなく、血圧の改善と、血中コレステロールの減少、糖尿病の発生リスクを減少させるそうです。1年に5〜10%程度の減量、規則的な運動、禁煙、食事管理などの生活習慣を変えるだけでも、メタボリックシンドロームの改善につながるそうです。

低血圧③

起立性低血圧がある場合、認知症などのリスクが高いという研究結果があるらしいです。起立性低血圧は、座ったり横になっている状態から立ち上がるとき、血圧が落ちてめまいを感じる現象の事らしいです。

米国ジョンズ・ホプキンズ大学の神経学の研究チームは、大人1万1709人​​を25年間調査したらしいです。研究参加者は、心臓病や認知症病歴がない平均年齢54歳の大人のだったそうです。研究チームは、5年ごとに、参加者の認知症や脳卒中の発症を観察しました。研究期間に1068人が認知症を、842人が虚血性脳卒中を患ったらしいです。

起立性低血圧の患者は起立性低血圧がない人と比べて認知症と虚血性脳卒中のリスクが高いことが分かったそうです。起立性低血圧がある参加者の認知症の発症率は12.5%であり、起立性低血圧がない参加者は9%だったらしいです。また、起立性低血圧患者の虚血性脳卒中の発生率は15%、そうでない人は7%だったらしいです。起立性低血圧がある場合、一時的に脳への血液供給がうまくできないらしく、これが繰り返され、認知症や虚血性脳卒中などの原因となる場合があるらしいです。

低血圧②

夏になると深刻なめまいを感じたり、ひどい場合は失神までしてしまう人が多いそうです。高血圧に比べ低血圧は、その深刻さを感じない場合が多いそうです。失神で外傷をもたらす緊急事態に直面しないよいに注意が必要だと思います。猛暑が低血圧誘発する時はすぐに休憩しなければならないそうです。

夏には体温を維持するために、血管を拡張させて、汗の排出が増加するらしく、これにより、血流が減少すると、脱水現象が現れるらしいです。暑さのために、筋肉と血管が弛緩され、頭に行く血液量も低下するとめまいが現れて、ひどい場合は失神したりしてしまう事もあるそうです。最近はコロナ予防のために常時着用するマスクも、体の温度を高めて低血圧を加重する原因の一つとして作用するらしいです。

低血圧は、高血圧とは異なり、特別な症状が現れない場合、特別な治療が必要ないと思う人が多いそうで、暑さのために、一時的にめまい、体に力が抜ける感じがしても、しばらく休憩して回復すればよいと思う人も多いそうです。ですが、眩暈がするようになっても倒れないように粘ることは危険な行動らしく、めまいを感じたときに、すぐに休憩を取るべきらしいです。無理に堪え失神すれば、倒れる過程で頭に外傷を負うなど、緊急事故につながることもあるので十分注意が必要だと思います。

夏の低血圧による事故を予防するためには脱水症状を防ぐために、水分の摂取量を十分にするのが重要らしいです。簡易な塩辛い食べ物は、血圧を高める効果があるらしく、塩辛い食べ物を適量食べることも有用であるそうです。高齢の方の場合は太陽が最も強く照りつける日中には、野外活動を自制するのが良いそうです。女性は月経周期の影響も受けているそうです。女性はホルモンが原因で血管が弛緩・拡張しながら、問題が生じることもあるそうです。生理の量が多いと、脱水が悪化することもあるそうです。生理の量が、多い女性であれば、夏場の水分補給にさらに気を使わなければならないそうです。


低血圧①

早い暑さに低血圧の患者が増えているそうです。高血圧が脳血管疾患の原因になるという事はよく知られているそうですが、低血圧がどのように危険なるかは知らない人が多いそうです。

低血圧は、一般的な症状としては、疲労、めまい、手足冷え性、集中力・持久力の減少、頭痛、不眠症、呼吸困難、食欲減退、便秘、下痢、腹痛などがあるそうです。体に血液がよく供給されず、頭痛やめまいが起こり、身体の臓器に酸素の供給が不足になるそうです。放置すると、致命的な疾患を誘発することもあるそうです。低血圧は、視神経に血液を十分に供給できず、視力障害を誘発することもあるそうです。目への血液が減り、突然めまいがして倒れてしまう場合もあるそうです。

低血圧患者数が多い月は7、8月らしいです。低血圧の症状が夏によく起こる理由は、汗がたくさん出て体内の水分が不足しているからだそうです。体内の水分が不足すると、血液量も減少し、血圧が低下するそうです。高い気温に筋肉が弛緩されていることも影響を与えるそうです。筋肉が弛緩すると、血管が緩んで血液が移動する速度が遅くなり、血圧が低下するそうです。

今年は平年より猛暑が早いので低血圧患者の方は健康管理に気をつけないといけないそうです。夏は冬よりも相対的に血圧が低いらしく突然立ち上がるときに「起立性低血圧」が頻繁に発生する場合もあるそうです。私たちの体の血管は猛暑にさらされると拡張され、この時に姿勢に変化を与えると血圧に変動が生じるそうです。座って立ち上がったとき、血管が瞬間的に収縮しながら、脳への血流が減少し、これによりめまいが起こるそうです。

起立性低血圧は、座っていたり横になっている状態から起き上がるときに、瞬間的にめまいや、めまいと一緒に目の前が真っ暗になる症状が現れる疾患らしいです。ほとんどの場合、起こったときに再び横になったり、時間が経過すると治まる場合が多いそうです。でも、自分も知らない間に突然意識を失ったり、倒れると大きな事故につながる可能性があるので、十分注意が必要らしいです。

低血圧を防ぐには原因となる疾患を治療することが優先らしいです。特定の疾患のせいではない場合、ビタミンBと葉酸を十分に補うことが有用らしいです。ビタミンBと葉酸は、正常血圧を維持するのに役立って、血液の循環を促進するそうです。ビタミンBは、チーズ、牛乳、ヨーグルトのような乳製品や魚に多いそうです。葉酸はブロッコリーやホウレンソウのような濃い緑の野菜に多いそうです。

豆は、低カロリー食品で必須アミノ酸が豊富で、血圧の調節に効果があるそうです。豆腐、納豆など大豆が入った食品を頻繁に摂取すると、低血圧の予防に有用らしいです。ナッツはビタミンEが豊富に含まれた食品らしいです。ビタミンEは、血液の循環をスムーズにしてくれるそうです。カボチャとニンジンはベータカロチンが含まれているそうです。ベータカロチンは、体内に入ると、ビタミンAに変わって免疫力の向上と、血液の循環もスムーズに助けてくれるそうです。低血圧の症状の一つである冷え性や肩こりを緩和するためにも良いそうです。ニラと春菊も代謝と血液の循環をスムーズにしてくれるそうです。これらの食品を着実に食べたり、栄養剤を補充すると低血圧の予防に有効らしいです。頻繁に水を飲むことも重要らしいです。体内の水分が増えれば血液量も増加して血圧が低下かける防ぐことができるそうです。お酒とコーヒーはむしろ脱水を誘発するため、摂取を控えるのが良いそうです。

運動も、血液の循環を助け、新陳代謝を促進して低血圧を緩和するそうです。でも、最初から激しい運動をするのは良くないそうです。夏場は暑さによる脱水症状が起こるので、なるべく室内でストレッチなどの軽い運動を繰り返しても十分な運動効果を得ることが出来るそうです。低血圧は、心理状態とも関連があるそうです。趣味に没頭したり、気分転換の機会を頻繁に持つのが良いそうです。半身浴は、血液循環を促進して、血圧上昇に貢献して、ストレス解消にも優れているそうです。

肩こり③

学生や会社員、主婦などを問わず、ほとんどの現代人は、自分も知らないうちに、様々な病気を得て生きているらしいです。過度のストレスによる頭痛や慢性疲労、過敏性腸症候群、消化不良、肩こりを含む各種筋肉痛の症状が代表的らしいです。特にいつも疲労感を感じていても健康診断や各種病院の検査で異常が発見されていない場合は、原因を知らないままの人が多いそうです。

過敏性腸症候群や下痢、便秘などの症状を誘発すると、人によっては、頭痛やめまいがあらわれる場合もあるそうです。リンパ管に沿って神経系にまで影響を与えることになると、肩こり、耳鳴り、などの慢性疲労の原因で起こる各種症状が連鎖的にあらわれるそうです。この時、その原因が胃腸からだと思う人は少ないらしいです。たまにうつ病や生理不順、更年期症状まで続いてしまう場合もあるそうです。

慢性疲労の症状は集中力の低下で仕事や学習能率が落ち生活の質が低下してしまう事があるそうです。消化不良と慢性疲労の症状は、相互悪循環の関係にあるそうです。慢性疲労の症状は、胃腸の蠕動運動を低下させて摂取した食べ物の栄養吸収率を落として体を疲れさせて、胃腸の動きを低下させてしまうらしいです。慢性疲労の改善や胃の機能を回復する治療を並行するのが良いそうです。胃腸の動きを改善し、胃からの栄養素をしっかり吸収することができるようになると、気血の循環を助け、慢性疲労に起因する頭痛、筋肉痛などをより効果的に治せるそうです。




肩こり②

新型コロナウイルス感染症の流行で、室内中心の活動が増えていると思います。室内を中心に活動していると、テレビ視聴やPCゲーム、スマートフォン、読書などの時間が増えると思います。そうなると頸椎健康が悪化する恐れがあり、注意しなければならないそうです。

頸椎は頭の骨と背骨を接続する物理的な構造物だそうです。頭を支えて脊髄を保護し靭帯や筋肉を介して平衡を維持するのに寄与しているそうです。自宅等で長時間テレビを見たり、PCゲームなどを楽しむと頸椎の疲労度も蓄積されるらしいです。特にスマートフォンを見て頭を下げる場合、頸椎屈曲になる可能性があるそうです。不良姿勢、無理な動作等により、頸椎椎間板の負担が大きくなると、頸椎椎間板ヘルニアを発症する可能性も高くなるそうです。

頸椎椎間板ヘルニアの初期症状は、首周辺の神経を刺激して肩こり症状を起こすらしいです。頸椎椎間板ヘルニアが悪化すると、腕や手の筋肉麻痺を引き起こすこともあるそうです。もし疑わしい症状が出た場合は、早めに病院にて精密検査をしてもらう事が良いそうです。

肩こり①

肩の痛みは、多くの人が経験する一般的な症状らしいです。慢性的に肩の痛みが現れても取るに足りないと考えて「疲れているから仕方がない」と思う場合がほとんどだそうです。ですが、肩の痛みは思わぬ病気の信号でもあるそうです。

肩の痛みはほとんど筋肉や関節の痛みらしいですが、時々心臓の問題に起因する痛みの場合もあるそうです。心臓から脊髄に入る神経は肩や腕の神経と同じ位置らしく、脳が誤解しやすいそうです。

横隔膜の炎症や肺の問題が肩の痛みを誘発する場合もあるそうです。
肩こりは、様々な疾患の信号でもあるそうなので、整形外科を訪れ、正確な原因を特定し、それに合った治療を受けることが重要らしいです。


不眠症④

不眠症は、特定の理由により発症するのではなく、様々な状況やストレスが複合的に作用して発症するらしいです。多くの人が不眠症の原因を職場でのストレスからだと考えている場合が多いそうです。しかし、不眠症は精神的、身体的な問題を含めて非常に多様な原因から来ている病気のようです。なので、より詳細な原因を調べる必要があるそうです。

薬の服用による不眠症もあるそうです。普段服用している薬の中に、不眠症を誘発する成分がある場合に不眠症があらわれる事もあるそうです。代表的な薬としては、抗がん剤、甲状腺治療薬、抗けいれん剤、抗うつ薬、経口避妊薬、などがあるそうです。

誤った生活習慣も不眠症の原因になる場合もあるそうです。睡眠時間が頻繁に変化したり、睡眠直前激しい運動をしたり、カフェイン成分が多く含まれた飲み物を飲む習慣も不眠症の原因になる可能性があるそうです。

睡眠環境による不眠症もあるそうです。寝室での自動車通過音や飛行機の音や近所の人の騒音がよく聞こえる環境などは不眠症の発症率が高いそうです。また、眠るときの照度と温度も重要らしいです。睡眠スペースが明るすぎたり、温度が低すぎたり、あるいは高くても、睡眠を妨害する要因になるそうです。

不眠症による睡眠不足が生活に及ぼす影響は精神的な活動をゆっくりにするそうです。普段よりも反応速度が遅くなり、複雑な創造性が要求される業務を行う場合、業務能力が大幅に減少する事もあるそうです。また、集中力の低下により、現場作業中の事故が発生することもあるそうです。特に、製造、建設現場では、一瞬のミスが大きな人身事故につながる可能性がありますので、睡眠時間は重要視されているそうです。

不眠症予防にはテレビやスマートフォンを見る代わりに読書をするのも良いそうです。電子機器から出る光がメラトニン分泌を抑制して寝入ることを妨げる事もあるそうです。睡眠に入っても大脳が覚醒して深い眠りに陥りにくくなってしまう事もあるそうです。

不眠症は、病気と考えずに治療をしていない場合が多いそうです。しかし、不眠症は、よりひどくなり、日常生活に大きな影響を与える事もあるそうです。そうなる前になにかしらの対策を取ったほうが良いそうです。





不眠症③

睡眠薬や睡眠誘導剤は、不眠症のための根本的な治療法ではないそうです。副作用を防ぐために服用の際に必ず医師に相談しなければならないそうで、不眠症の根本的な原因を見つけて治療することが重要らしいです。

睡眠薬と睡眠誘導剤に対する気がかりも増えているそうです。睡眠薬と睡眠誘導剤は、別の薬物であるそうです。睡眠薬は、主に不安な気持ちを安定させてくれる、精神安定剤、すなわち抗不安を指すそうです。抗不安薬として使われるベンゾジアゼピン系薬剤は、不安だけでなく、睡眠誘導、筋肉弛緩、発作の予防などの他の作用もあるそうです。長期間の使用時、薬物依存度が高くなり、脳機能を落とす副作用が起こる可能性もあるとのことです。

これらの副作用を補完して、睡眠誘導機能のみを選択的に作ったのが、非ベンゾジアゼピン睡眠誘導製というそうです。代表的にゾルピデムという睡眠誘導製があるそうですが、ゾルピデムは、睡眠を誘導した後、体から抜けていくためベンゾ系の抗不安薬より比較的安全であるそうです。しかし、睡眠誘導剤を長期間乱用すると、副作用が発生してしまう事もあるそうです。ゾルピデムの寝ようとする力と睡眠障害の力が衝突すると夢遊病の症状が起きてしまう事もあるそうです。ゾルピデムを頻繁に服用すると耐性が生じてしまう事もあるそうです。この場合は、睡眠障害がひどくなってしまう可能性もあるそうです。






不眠症②

不眠症はうつ病などを誘発することもあるそうです。睡眠は寝ながら日中たまった感情やストレスを解消する役目なのに、このプロセスがスムーズでないと、うつ病などを誘発してしまう可能性があるそうです。睡眠時間は6時間以上とるのが良いそうです。

軽い不眠症は、睡眠衛生を守るだけでも回復することがあるそうです。寝る前のTV視聴やスマートフォンの使用は可能な限り減らしたほうが良いそうです。熟睡の過度執着はむしろ不眠症を誘発してしまう可能性があるそうです。眠れない場合はヨガ・瞑想・読書などの緊張を解放する活動をした後、再び睡眠を取るのも良いそうです。

睡眠衛生をよく守っても解決されない時は、専門医の診断と治療を受けてみるのも良いそうです。薬物治療もしてみることができるそうですが、睡眠薬は耐性や副作用を引き起こす可能性があるそうです。できるだけ短い期間だけ服用することが良いそうです。高齢者さんは、睡眠薬の副作用に、他の年齢層よりも脆弱であるそうです。特に慢性疾患で薬を服用している場合、専門医と相談して決めなくてはいけないそうです。




不眠症①

眠れない高齢者さんが増えているそうです。高齢者になると、いくつかの理由のために不眠症が悪化するそうです。主な原因は、脳の老化だそうです。睡眠を担当する脳の「視床下部」が老化すると、生体リズムの調整能力が低下して、睡眠を調節するホルモンの分泌も減るそうです。

コロナの影響で昼間外に出れないのも、結果的に健康的な睡眠を妨げているそうです。太陽の光に当たると幸せホルモンと呼ばれるセロトニンが分泌されるそうです。セロトニンは、睡眠を助けるメラトニンを合成させるそうです。昼間に十分動いて適度に疲れている状態だと、安眠の助けになるそうです。これは夜に副交感神経が活性化されて睡眠をじっくりできるようになるそうです。

不眠は、いくつかの疾患の発生リスクを高める可能性もあるそうです。不眠症は、認知症の発症率を最大50%まで高めるとも言われてるそうです。「ベータアミロイド」という「不良タンパク質」があるそうです。脳の神経細胞にベータアミロイドが異常にたまって脳機能障害を起こすと認知症につながる事もあるそうです。ベータアミロイドは、起きている間の脳活動に発生し、睡眠中に分解されるそうです。不眠は、ベータアミロイドの蓄積の原因になってしまうそうです。




ストレス軽減⑪

同じストレスでも、それを処理して対処する技術が不足している人とそうでない人がいるそうです。ストレスに対する個人の努力で対処能力は変えられるそうです。

急性のストレスは心筋梗塞、不整脈、などの危険性を高めてしまうそうです。心がゆったりとした人と、敵意に満ちた人の場合、敵意に満ちた人のほうが、冠状動脈性心疾患になりやすくなる可能性があるそうです。

幼少期のストレス、そして成年期に苦しんだ事の相互作用により、体の内分泌系、神経伝達物質系、免疫系などに不均衡が起きてしまう事もあるそうです。このような事は、うつ病、統合失調症、不安障害のような精神疾患を引き起こしてしまう可能性もあるそうです。

ストレスをうまう対処するには、他の人とは思考や行動が異なることが当然であると考えて、瞬時に問題を受け入れることができる心構えを持つようにするのが良いそうです。この時、頭の中に浮かぶ雑念はそのまま放っておいて眺めるのが良いそうです。憂鬱、不安、痛み、感情的なストレスを減らすのに効果があるみたいです。




ストレス軽減⑩

人は誰でもストレスを受けて生きていると思います。ストレスは、状況に変化があったときに適応する過程で発生するそうです。外部環境は常に変化するため、ストレスを受けることは避けられないそうです。

それでは、どうすればストレスをうまく扱うことができるのでしょうか。ストレスの原因を直視するだけでも、うまく扱うことはできるそうです。ストレスを使いこなすには、状況を変える能力を育てなければならないそうです。でも状況を変えることができない場合はどうしたら良いのでしょうか?

状況を変えることができなくても、状況に対する態度と考えは変えることができるそうです。ユーモアのセンスを持っている人は、ストレスを受けにくいそうです。

一人で解決するのが難しい問題が生じたときは、他の人との意見の違いを狭めたり助けを求めることが良いそうです。積極的に問題を知らせ解決の方向を見つけるのが良いそうです。また、長期的な問題は、回避策のエネルギーが使い果たされないように、その状況から脱して休息するのが良いそうです。

ストレスが蓄積されないように放置しないでその場ですぐ解消することができる方法を用意しておくことが良いそうです。疲れる前に休息を取って自分のための時間を確保し、日常のバランスを整えることが良いそうです。

考えを停止し、不要な考えをなくすことは良いそうです。過負荷がかかった脳を寝かせると脳細胞は再生されるそうです。不必要なことを溜め込まないほうが良いそうです。

誰かを抱擁するのも良いそうです。抱擁をするとオキシトシンが分泌され、免疫を高め、副交感神経を刺激して、その後、不安感が軽減されるそうです。家族や友人と抱擁するのも良いらしいですが、動物を撫でたり、抱擁するのも良いそうです。動物との交感から得た安らぎは不安に過熱された脳と心臓を安定させる効果があるそうです。




認知症④

神経症の性格の方は、認知症の前段階の軽度認知障害のリスクが高まる可能性があるそうです。神経症とは心配、不安、悲しみ、憂鬱などの感情をよく感じる性格の事のようです。

「ストレスホルモン」コルチゾールが多くなると大脳辺縁系(感情を担当する扁桃体)が活性化され、認知症の原因となる可能性があるそうです。

普段気が多く、ストレスを受けやすい性格であれば、否定的な心を治めることができる独自の方法を見つけるのが良いそうです。特に大きなトラウマを経験したことがある場合、脳の老化がより早くなることがあるそうです。一人で神経症を克服するのが難しい場合は専門医の支援を受けて解決法を見つけることが良いそうです。

認知症③

これから気温が少しずつ上がっていくのに対して熱中症に気をつけないといけないと思います。特に高齢者の方は、汗腺の減少で汗の排出量が少なくなって、体温調節機能が弱くなり、熱中症を認知する能力も弱まってしまうそうです。

認知症を患う場合は特に熱中症に気をつけないといけないそうです。温度変化に対して自ら対応するのが困難になってしまい、適切な冷房などを行うことができない場合があるからだそうです。

熱中症に備えるには喉の渇きを感じなくても、定期的に水またはイオン飲料を飲むのが良いそうです。

認知症になってしまったら本人はもちろん、保護者と周りの人が格別の関心を傾けなければいけないそうです。


ダイエット④

皆様は昆虫食はご存知でしょうか?国連世界人口白書2019によると、2030年には世界の人口の増加により、食糧が不足してタンパク質を摂取するのが困難になることが予想されてるそうです。その為、国連は昆虫食を推奨してるそうです。昆虫はタンパク質が豊富で、将来の食糧難を解決してくれる食品として期待を集めているそうです。現在でも食品市場に昆虫を活用した製品があるそうです。
 
将来、食糧難で昆虫食を食べなくてはいけないのは止むを得ないそうですが、私は昆虫食のことを考えたら食欲が減りましたので、皆様もお腹が空いたら昆虫食のことを考えてみるのも良いかもしれません。


ダイエット③

体重を減らしたい為に、カロリーを極端に制限することはよくないそうです。筋肉消失の原因になって、最終的に基礎代謝量を落としてしまうからだそうです。

料理の際、味付けは塩胡椒で味を出すのが良いそうです。他の調味料には多く糖分が入っているからだそうです。

ダイエットするには摂取カロリーを今より、25%程度減らすことが良いそうです。食べる量を減らさずにカロリーを制限したい場合は、飲み物から替えるのが良いそうです。

糖質のある飲み物は避けて、お茶や水を飲むのが良いそうです。




認知症②

認知症が発症する年齢層は、65歳以上の高齢者層が多いと言われてるそうですが、最近では比較的若年層である40〜50代でも認知症患者が増える傾向にあるそうです。18から44歳に発症した場合を若年期認知症、45から64歳(または45から59歳)までに発症した場合を初老期認知症というそうです。

初老期認知症の場合、性格の変化が先に現れることが多いそうです。感情と判断を担当する前頭葉の機能が悪化し記憶力が悪くなるだけではなく、忍耐強さが失われたり、誤った判断を下すことが多くなるそうです。

認知症は、薬物治療だけでなく、生活習慣を一緒に改善した方が良いそうです。近い距離を歩いたり、以前していなかった趣味を開始するのも良いそうです。健康な食事生活を維持しながら、高血圧、糖尿病、心臓病、高コレステロール血症の治療もするのが良いそうです。運動は体力に合わせて週に3日、1日30分以上するのが良いそうです。




プロフィール

biyo

Author:biyo
誰にも聞けない健康やその他のお悩みについて、老若男女問わず、皆様のお役に立つ事を書いていけたらと思います。記事をお探しにくい場合は下にある検索フォームを使ってみて下さい。私はポケモンや鬼滅の刃を見たり歌を歌ったりして癒されています。ぜひこのブログの広告の品で良いなと思ったものを活用してみてください。皆様が私のブログを見て頂いているのは幸運な事がおこる巡り合わせかもしれません。今後とも皆様に幸運が訪れることを心からお祈り申し上げます。
 /></a><br /><a href=にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ


Airランキング
ブログ王
Twitter
Instagram
note
TikTok
YouTube

































































































































































全記事表示リンク

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR