FC2ブログ

ストレス軽減㊳

人々が幸せな生活を論じる際に最も重視する単語が、関係(relationship)だそうです。真の安息は良好な関係から出るからだそうです。望ましい人間関係は老若男女に関係なく人格的関係からなるそうです。心から湧き出る相互尊重に基づくそうです。良くない関係のほとんどは、対等な人格関係がないか、相互尊重が排除された関係から始まるそうです。望ましい関係は、謙遜な心で、それぞれ自分より相手をよく思うことから生まれるそうです。

ビジネスや顧客との関係でも同様らしいです。顧客に会うたびに、相手の必要性を把握して、自分の立場より、相手の立場を考慮して、相手のニーズを満たすのが良い関係を築く秘訣らしいです。




スポンサーサイト



ストレス軽減㊲

高校は小中学校の時とは違ってより、社会の縮図を経験することができるそうです。もし高校の時の友人関係に傷が付くと再び友達に近くのは小中学校の時より難しくなるそうです。大学になるとさらにその傾向は強まるそうです。そのことは特に悪いことではないそうです。無理をして付き合うほうがお互いにストレスが溜まるからだそうです。

人間関係は友達を作り、相手を不快にさせないことから始まるそうです。不快にさせないためには、相手に対する非難をしてはならないそうです。どうしても、相手の誤った点を指摘したい気持ちが起きた時は、「非難」ではなく「賞賛」の方法で相手の心を向けると良いそうです。心からの賞賛をした後、自分が望むことを言うなら、相手は自分の助言を受け入れてくれる可能性は高くなるそうです。




ストレス軽減㊱

会社員がお酒を不本意に飲む場合が増えてるそうです。嬉しくて飲む、悲しくて飲む、気持ちよく飲む、憂さ晴らしに飲む、など色々な理由があると思いますが、仕事帰りにお酒が会社員たちの疲れただるさと積もった憂いを軽減してくれるのではなく、むしろ健康に害を与え生活リズムを否定してしまう場合があるからだそうです。

世界保健機関によると、喫煙による死亡者数よりも飲酒による死亡者数が多いそうです。喫煙による死亡と障害2.7%であるのに対し、飲酒による死亡と障害は3.5%に達しているそうです。飲酒の害悪が強調され、先進国のアルコール摂取量は減少する傾向にあるそうです。

アルコール中毒の原因は何なのでしょうか?人間の脳は生存や保全に必要な条件が満たされたときに喜びを感じ、ドーパミンが分泌されるそうです。麻薬性鎮痛剤であるオピオイドと同様の物質だそうです。この事によって、異常な喜びを誘発するそうです。一度喜びを味わった後は継続して飲酒への渇望を起こし、理性的判断と調整能力がどんどん消えてしまうそうです。うつ病、劣等感、不安感などをアルコールに依存して解消しようとする心理的要因も原因として作用しているそうです。

アルコール依存症はどのように治療すべきなのでしょうか?自分の問題を正確に認識し、解決しようとする動機を発見するのが良いそうです。アルコール依存症は、ほとんどの場合、ビタミンB1欠乏症に苦しむそうなので、不足している栄養を十分に補うのが良いそうです。

1925年にノーベル文学賞を受賞したアイルランドの文学者、ジョージ・バーナード・ショーさんが「アルコールは、私たちが人生の手術に耐えるための麻酔である」と言う格言を残しているそうです。麻酔も中毒症状になってしまう場合があるそうなので、飲酒についても自覚することが重要らしいです。




ストレス軽減㉟

心が一番必要なものの一つは、達成感らしいです。じっと座ってはおられず、私たちは毎日動いて前に出たくなる存在だからだそうです。達成感はいつ感じるのでしょうか?それはやりたくない事を達成したときだそうです。ただのやりたくないことではなく、自分の為になるやりたくないことらしいです。成果と同時に、私たちの脳ではドーパミンが分泌されるそうです。ドーパミンは喜びや満足感を感じさせる神経伝達物質として、動機と自己啓発に欲を思い起こさせてくれる好循環につながるそうです。自尊心が高まり、挑戦をする活力を吹き入れてくれるそうです。

運動は一番簡単に達成感を体感できる方法らしいです。目標を決めれば終わりが見えるので、達成感を100%感じることができるそうです。運動以外でもなりたい自分を決めて設定すれば、達成感は得られるそうです。







ストレス軽減㉞

中毒の原因は最初の喜びの記憶を追う補償心理だそうです。喜びの満足感は、回数を重ねるごとに低くなるそうです。最初の喜びの感覚を渇望しながら中毒行為を繰り返し、それにより欲望や感情を調節する脳の能力が損なわれるからだそうです。食品などの過剰摂取もこのような理由があるらしいです。味に対する期待値が高い場合には、そのような欲求が満たされなければ期待する味を得るために、より多くの量の食べ物を摂取してしまうからだそうです。これは他の中毒にも当てはまることらしいです。

満足の即時伝達のみに焦点を合わせると、事実上の幸せを妨害してしまうそうです。幸せは喜びを頻繁に注入することから来るのではなく、期待して計画して満足を得ようとしてる延長した時間から来るそうです。旅はより長くすることが良いとのことです。


ストレス軽減㉝

薬物、アルコール、ギャンブル、ショッピング、スマートフォン、ゲームなどの中毒(依存症)は、単に個人の習慣の問題ではないそうです。中毒は補償、ストレス、自己調節に関連する脳の回路の機能的変化を伴って長く持続するので、脳疾患に分類されるそうです。

通常の範囲を超えたギャンブル、スマートフォンの使用、ゲームなど中毒性行動のほとんどは、脳の快楽中枢を強力に刺激する要素らしいです。この快楽中枢は、薬物やアルコール、過度のインターネットゲームなどに強く反応して徐々にその量と回数が増える執着の状態にするそうです。このような刺激は、もはや与えられなければ、物理的、心理的な不快感が発生する離脱症状が現れるそうです。このような特徴は、物質中毒だけでなく、行為の常習者からも同様に観察され、臨床的特性も一致したそうです。

中毒状態になると、正常に比べて、記憶力の低下、人格の変化、睡眠覚醒サイクルの変化など、様々な問題を引き起こしてしまう場合があるそうです。依存症はその症状を自覚して、適切な対応をとることが重要らしいです。







ストレス軽減㉜

食べてストレスを解消する人が多いそうです。体はストレスを受けると、これに対応するホルモン「コルチゾール」を分泌するそうです。コルチゾールが長く、多く分泌されると体の代謝が不均衡になって簡単にお腹が空くらしいです。この時、甘く刺激的な食べ物を食べたくなるそうです。甘いものを食べるとコルチゾールの分泌が減り、辛く刺激的な食べ物を食べると気持ちを良くするエンドルフィンの分泌が促進されるからだそうです。ですが、効果が一時的であるため、再度、刺激的な食べ物を探すことになるそうです。このプロセスが繰り返されると太ってしまい、ストレスが増え、再暴食する「悪循環」が発生してしまうそうです。

ストレスを減らすのに役立つ栄養素をサプリメントなどで摂取することも良いそうです。ビタミンB群は、体の中のホモシステイン値を下げて幸福感を感じさせるセロトニンとドーパミンの分泌を促進させるそうです。ビタミンB群が豊富な食品は穀物、卵、乳製品、ナッツ、アボカド、バナナなどらしいです。ビタミンCは脳がストレスにうまく対応できるように助けコルチゾールのレベルが調節されるように、脳機能を改善するそうです。ビタミンCは、脳細胞を保護し、神経伝達物質がよく生産されるように助けるそうです。ビタミンCが豊富な食品は、レモン、オレンジ、ライム、マンゴー、ザクロ、ブロッコリーなどらしいです。特にレモン・オレンジ・ライムでシトラスの香りは、脳の血流をスムーズにさせて、頭痛を減らす効果もあるそうです。







癌⑩

プラシーボ効果とは何の効果もない偽薬による心理的治療効果をいうそうです。例えば、医師が小麦粉を患者さんに与え、「最近、世界的に効果が立証された薬です。これで明らかによくなります」と処方し、その薬を服用した患者さんの病気が実際に好転する可能性があることをいうそうです。このようにプラシーボ効果は、どのような現象でも心構えがいかに重要であるかを知らせる効果らしいです。プラシーボ効果と反対の概念でノーシーボ効果があるそうです。例えば患者さんに医師が「残念ですが、今月を越えるは難しいです」というと、実際の患者さんは、その月の内に亡くなられる可能性が高くなるという事らしいです。

事例としては、1950年代ポルトガル、リスボンの港に到着した船の冷凍倉庫で一船員の遺体が発見されたそうです。その船は、英国の港でワインを荷役した後、戻ってきた船舶であったそうです。船員の死亡原因は、冷凍倉庫の壁に詳細に記録されていたそうです。荷役作業の後、同僚の船員の誤りによって冷凍倉庫に監禁された彼は驚異的な寒さと苦痛の中で、体が徐々に氷のように固まっていく状況が書かれてたそうです。ところが事件現場を調査した結果、奇妙な事実が発見されたそうです。船員が亡くなられた冷凍倉庫の室温は19度だったことに。英国でワインを荷役した後、リスボンに向かうときの冷凍倉庫の電源は停止するからだそうです。冷凍倉庫のスペースが広く、空気も十分にあり、さらに冷凍倉庫の中に食料も十分にあったそうです。その船員が亡くなられた要素は、すぐに自分が寒い冷凍倉庫の中に閉じ込められた否定的な考えに満ち、周辺環境を正しく見なかったことらしいです。プラシーボ効果でが治った例もあるそうです。

人の心の中に積極的な考えや否定的な考えで現れる現象であるそうですが、その結果は正反対に現れるそうです。日常の中でも、プラシーボあるいはノーシーボ効果が影響を及ぼしていないか意識することが重要らしいです。








癌⑨

免疫化学療法が治療に効果を見せたそうです。免疫化学療法とは、抑制されている人体の免疫システムを活性化させ、細胞を死滅させる新しい機序の治療法らしいです。ほとんどのに幅広く使用することができて、患者自身の免疫強化を通じて治療するという点で、副作用が少ないそうです。

免疫抗がん剤は、患者自身の免疫システムを活性化して体内の免疫細胞ががん細胞を攻撃するように助ける役割をするそうです。免疫化学療法は、手術が不可能か、がんの再発、または転移した末期がん患者さんに新たな希望として浮上しているそうです。

免疫化学療法は、人体の免疫システムを活性化して選択的に細胞を攻撃するため、副作用が少なく、持続的な抗効果を見ることができるそうです。最適の治療法を探して適用してみることが重要らしいです。








癌⑧

肝臓は一度悪くなると再び回復するのは難しいらしく、肝臓の健康管理することは非常に重要らしいです。肝臓の健康のために欠かせない成分にUDCA(ウルソデオキシコール酸)という胆汁酸があるそうです。

体で生成される胆汁酸 でUDCAの割合はの3%ほどしかないため、外部からの補充することが重要らしいです。UDCAは毒素などの外部物質が体の中に入ってきたときに代謝で外部に排出する解毒作用を助けるそうです。体内に流入した毒素物質は肝臓で代謝を経て排泄されるそうですが、UDCAが肝臓の代謝活性化を助けるそうです。このほかにもコレステロール流入を防ぎ、胆汁酸の生成を介してコレステロール排泄をスムーズにする機能もあるそうです。代謝が悪くなると肝や大腸などに罹る可能性も高くなるそうです。

普段の食生活では、十分な量のUDCAを摂取しにくいので、栄養剤を介して補充するのが良いそうです。この時、UDCAとビタミンB群の両方が含有された製品を摂取すると、肝機能の低下に起因する全身倦怠、肉体疲労を解消する効果も期待できるそうです。





癌⑦

ヘリコバクターピロリ菌は、胃の代表的な原因として知られてたそうです。食べ物などでヘリコバクターピロリ菌に感染すると、胃の粘膜の萎縮が進行して、腸上皮化生という胃前の段階に悪化する場合があるそうです。ところが最近ヘリコバクターピロリ菌の感染がなくても発生する胃が注目されているそうです。

ストレスが原因で過剰分泌された胃酸が食道側に逆流すると逆流性食道炎を誘発するそうです。これにより、食道粘膜に傷ができバレット食道炎になる場合があるそうです。この部位が拡大されると、が生じやすくなるそうです。肥満により腹圧が上昇して胃酸の逆流が起こりバレット食道炎になり、につながることもあるそうです。肥満をはじめ、胃酸の逆流を引き起こす可能性がある生活習慣を改善することが非常に重要らしいです。

胸焼けは、最も顕著な胃酸の逆流症状らしく、慢性的な胸焼けがある場合は、内視鏡検査を受けたほうが良いそうです。日常生活では、暴飲、暴食と刺激的な食べ物の摂取を避け、肥満を防ぐために適切なカロリーを摂取し、食後はすぐ横にはならないほうが良いそうです。また、免疫力を低下する要因であるストレスをうまく管理することも重要らしいです。




癌⑥

過去のは、不治の病のように考えられていましたが、現代では、早期診断と手術を含む抗治療、放射線治療、分子標的治療などので長期生存率が飛躍的に上がったそうです。ですが、まだ死亡原因の多くの割合を占める致命的な疾患だそうです。は、複数の原因によって発生し、遺伝など先天的な原因と各種発物質曝露による後天的要因が複合して発生するそうです。

細胞が形成されると、自らの成長と分裂を促進する物質を作り出すそうです。の塊に血管が入って成長を持続することができるようにして、癌細胞が血流とリンパ管に沿って、他の臓器に転移されるそうです。このような理由から癌は、最初に生じた癌の塊と臓器を除去する手術だけで完治を期待するのは難しく、抗がん剤、ホルモン治療、標的治療など全身治療が必要な全身疾患だそうです。

癌を防ぐには、石油から生成された合成添加物を避けるのが良いそうです。中でもタール色素の着色料は発癌性が高いので注意が必要らしいです。








癌⑤

胃内視鏡検査をしたときに、たまに発見される十二指腸腺腫は良性でも、放っておけば、がんに変わることがあり、手術の範囲も大きくなってしまうので、事前に削除する必要があるそうですが、十二指腸壁が薄いため内視鏡で正確に除去することが容易ではないそうです。ですが、十二指腸腺腫を内視鏡で切除した結果、ほとんど再発せずに正確に治療される場合が多いそうです。

十二指腸腺腫は、上部消化管の内視鏡検査を受ける患者100人のうち1人程度で発見されるほど有病率が低いそうですが、がんに進行する可能性があるので、内視鏡にてできるだけ早く除去した方が良いそうです。

十二指腸腺腫は、特別な症状がなく早期発見が容易ではないそうです。少なくとも2年に1度は定期的に内視鏡検査を受けて十二指腸腺腫が発生していても、早期に発見し治療することが重要だそうです。

癌④

肺がんは、特異な症状がなく、初期発見が難しいそうです。診断時すでに50%以上で遠隔転移を伴っているそうです。肺がんが進行すると、まず、咳症状が発生することがあるそうです。喀血や胸痛なども現れる場合もあるそうです。このほか、腫瘍の位置に応じて、多様な症状が現れるそうです。腫瘍が食道を圧迫すると、食事が困難となり、喉頭神経を侵されると、かすれ声と声帯麻痺が生じるそうです。また、上半身の静脈が圧迫されると、呼吸困難、頭痛、紅潮、顔及び腕の浮腫、などが現れるそうです。

肺がんが疑われる場合、肺のコンピュータ断層撮影(CT)検査で確認して、組織学的確定を介して最終診断するそうです。加えて、転移するかどうかを確認するため、腹部CT、脳磁気共鳴画像(MRI)、陽電子放射断層撮影(PET-CT)などの検査を行うそうです。

肺がんを予防するには、禁煙が最も有効らしいです。肺がんの早期検診などを通じて早期に肺を発見、治療する努力も重要だそうです。




癌③

目にもが起こることがあるそうです。眼球だけでなく、まぶた、眼窩などに現れることもあるそうです。結膜炎が長く続く場合は早めに検査するのが良いそうです。

目に生じた腫瘍の(悪性腫瘍)の特徴は、触れたとき硬くて腫瘍の方向に血管が入る姿が見えるそうです。周囲の組織に固定されて動かず、ほとんど痛みが伴わないそうです。同じ場所に繰り返しものもらいが発生するときにも確認が必要だそうです。手術で完全に切除することは容易ではないそうです。

最近では、放射線治療の副作用を最小化するためにプロトンを利用した治療が試みられているそうです、これは従来の放射線治療に比べて副作用を最小化し、腫瘍を効果的に治すことができる方法として認められてるそうです。





癌②

米国の一家が毒性漂白剤をコロナを治療する万能薬として数万人に売って、検察に検挙されたそうです。検察によると、一家は産業用水処理と繊維・パルプ漂白に使われる二酸化塩素を水に混ぜた後、この有毒化学溶液をコロナ治療の万能薬であるかのように宣伝したそうです。

これらは、ミラクルミネラルソリューションという名前を付け、「この薬を飲めばコロナを予防し、治療することができる」と主張し、3月から数万人に偽の薬を販売したそうです。

保健当局の監視と規制を避けるために宗教団体が健康補助食品を売るように偽装し、偽の治療は、、アルツハイマー病、自閉症、エイズなども治療できると宣伝してたそうです。





癌①

癌細胞は、私たちの体の中にある細胞が過度に増殖したり、細胞の死滅が少なくなる場合成長するそうです。牛乳のカルシウム成分は、胃の粘膜細胞を保護し、細胞の増殖を抑制するらしく、胃癌の予防効果があるそうです。植物油は胃の粘膜を保護する必須脂肪酸の作用が注目されているそうです。

でも、植物油であっても、脂肪の過剰摂取は、心血管疾患などの原因になることがあるらしく、毎食1〜2スプーン程度の植物油を摂取するのが良いそうです。ですが、いくら良い食品をよく摂取しても、どのように調理するかによっては発ガン性物質が生成されてしまう事があるので注意が必要らしいです。

肉や魚を焼く時に黒焦げの部分に生成されるヘテロサイクリックアミンや炭化水素のような発ガン性物質は、調理方法だけ変えれば十分低減することができるそうなので、皆様も焦げに注意してみて下さい。





認知症⑤

脳にベータアミロイドと呼ばれる毒性タンパク質が溜まると認知症の原因になると言われてるそうです。認知症に至るまでには7つ段階があるそうです。

1段階。症状発現前、脳に毒性タンパク質が溜まっているが、認知力や記憶力障害は現れていない状態。

2段階。非常にわずかな認知障害を示す。非常に軽い記憶力の低下が現れる。家族は変化にほとんど気づかない状態。

3段階。記憶、思考力の変化が生じる。不安を感じる。仕事に支障を受けるが、日常生活は可能な状態。

4段階。自分の人生史を部分的に忘れたり、1週間前のことを覚えていない。一人で料理する、お金の管理をする、食べるなど日常生活で困難を経る。他の人との普通の会話が難しくなる。

5段階。せん妄が目に見えて現れる。個人の衛生を管理するのが難しい状態。周囲の助けが必要な状態。

6段階。周辺認識をできなくて性格に大きな変化が現れる。攻撃性を見せたり激しい引きこもりになる事がある。安心感を見つけるために非常に近い一人だけに依存しやすくなる。

7段階。食欲がなく飲み込むこと、歩くことさえ難しくなる。言語能力がほぼ消えてしまう。すべての日常生活の中で周りの助けが必要になる。病気に対する認識自体がなくなって不安、攻撃性が少なくなる。

認知症の予防と症状の緩和のためには、アボカド、豆、ブルーベリー、ブロッコリーなど体内の抗酸化作用のある食事をすると良いそうです。不飽和脂肪酸が多く含まれている食品を食べるのも良いと言われてるそうです。認知症の症状が現れない時から運動やストレス管理を徹底することも重要らしいです。


ストレス軽減㉛

会社員はほぼ職場生活で、ストレスを受けたことがあるそうです。ストレスの主な原因としては、上司・同僚との人間関係、過剰な仕事量、低年収、顧客・取引先との関係などらしいです。

ストレスによる身体的・精神的変化には、性格が鋭敏になる、慢性疲労に悩まされる、頭痛・消化不良が生じる、不眠症が生じる、理由のない怒りを感じることが多くなる、などらしいです。会社員のストレス解消法は主に、お酒・タバコ、友人・知人との会話、運動、旅行、文化的生活、食事、その他趣味などらしいです。

多趣味の人はストレスが溜まりにくいと聞いた事がありますので、皆様も色々な趣味を知ってみるのも良いかもしれませんね。


ストレス軽減㉚

体の損傷や精神的ストレスなどは、免疫システムに大きな影響を及ぼし、免疫力が低下してしまうそうです。十分な睡眠をとることは、体の免疫力の維持に大きな助けを与えるそうです。夜の睡眠を十分に取らなかったり、昼と夜を変えて生活する期間が長く続く場合は、体のリズムが崩れ、免疫力低下に影響を与えるそうです。定期的に寝て起きる生活習慣を維持し、1日8時間以上の睡眠をとるのが良いそうです。また、栄養のバランスは、免疫力の増減に大きく左右するため、偏食しないバランスの取れた食事が重要らしいです。

人間の体はストレスを受けると、特定のホルモンを分泌して、これらはリンパ球を含む体内の免疫成分の活性を阻害するらしいです。心理的なストレスを受ける人は、そうでない人に比べて、傷の回復も遅く、免疫指標の一つである白血球の機能も著しく低下してしまうそうです。積極的な生活態度と肯定的な思考を持って、自分だけのストレス解消法を開発して振り払う事が重要らしいです。












ストレス軽減㉙

私たちは、体の苦労よりも気苦労が先立つ時代を生きているそうです。否定的な感情は、最高のストレスの原因らしいです。代表的なのは、拒絶と失敗への恐怖らしいです。

ストレスと心の傷は違うそうです。ストレスは、進行中の不正な感情であり、心の傷は固められた否定感情らしいです。理性的な人は、ストレスを拒否し、常に削除しようとしているそうです。ストレスを受けても、合理的に制御されて解決できるそうです。事実だけ覚えて、感情は消えるそうです。感性的な人は、ストレスを収容して、理解しようとしてしまうそうです。ストレスを受けると、感性的に理解し、治療しようとするそうです。ストレスは心の傷に変わってしまう場合があるそうです。ストレスは克服すると大変なだけ成長して、心の傷は昇華して痛いほど成熟してしまう場合があるそうです。

ストレス完全征服のための優れた処方は何なんでしょうか。先ずは原因を評価するのが良いそうです。体と心の中でどこに主な影響を受けているかを認識して、ちょっと通る事なのか、長期的なものなのかを考えて、執着をなくすと良いそうです。欲をなくすのも良いそうです。欲のほかに、怒り、敵意・競争心などもなくすと良いそうです。過度の荷物を置くときに、余裕と平安が訪れるそうです。


ストレス軽減㉘

良いストレスは苦しくても適切に対処して肯定的に評価する場合らしいです。成就欲を刺激し、活力に作用するそうです。悪いストレスは取り組みと適応に失敗した場合、否定的に評価することらしいです。

心と体は接続されているそうです。物理的な病気になると、精神疾患が伴われ、精神的健康が悪くなると体の健康も悪くなるそうです。疲労は、体と心が正常に機能していない状態らしいです。 細胞が十分にエネルギーを生産できない状態らしいです。体の疲労は風邪などにあらわれて、精神的疲労は、神経過敏や無力感にあらわれるそうです。慢性疲労は、慢性疾患に発展してしまう場合があるそうです。体を治療する前に、心を治療し、心を治療する前に、人々を治療すると言う言葉があるそうです。

人々がストレスの原因を理解すれば慢性疾患を予防できるという事なのだと思います。




ストレス軽減㉗

梅雨になると高齢者にとって苦情が一つ増えてしまう場合があるそうです。高温多湿の天候が続くほど腰などの痛みが激しくなる場合があるからだそうです。普段は何の痛みもないのに、天気が曇ったら腰が重たくて痛みが生じてしまう事があるそうです。腰だけでなく、膝、肩が痛む場合もあるそうです。現在、約1000万人の日本人が天気による体の痛みを感じているとも言われてるそうです。

湿気が腰の筋肉と周囲の組織の機能に混乱を呼んで痛みを発生させるそうです。腰痛が持続する場合、椎間板に大きな負担を与えてしまう場合もあるので、腰痛を雨が降るときのみの痛みと片付けて放置してはならないそうです。腰痛などを予防するためには体の中の代謝を円滑にすると良いそうです。体内の老廃物がきちんと排出されない場合、湿気がますます体内にたまるからだそうです。まずストレッチなど家庭でも簡単に実践できる軽い運動をするのが良いそうです。運動は、筋肉の緊張を緩め、強化させてくれるだけではなく、体温を高め、汗で老廃物を排出させる理想的な健康管理法らしいです。

多湿の天候は、不快指数を高め、小さなストレスも敏感に感じるようにしてしまうらしく、さらに腰痛まで加わった場合、精神的、肉体的健康に良くない影響を与えてしまうそうです。湿気管理を見直して健康管理をしてみるとストレス軽減に良いそうです。


ストレス軽減㉖

統合失調症は、早期に治療すれば、通常の生活を営むことができるそうです。過去、精神分裂病と呼ばれた統合失調症は、緩んだ弦楽器を調整すると、美しい音を出すことができるように回復が可能だそうです。統合失調症は、100人に約1人が患うらしいです。

統合失調症は遺伝的、生物学的脆弱性が主な発症原因らしいです。つまり、生まれつきの生物学的脆弱性がなお深刻なストレス、トラウマのような心理的、環境的要因が結合された時に発症する確率が高くなるそうです。統合失調症は、脳から分泌されるドーパミンという神経伝達物質の過剰と関係が深いそうです。なので、薬物治療は、主に過剰なドーパミンを下げる薬が使用されるそうです。最近は、さまざまな研究を通じて統合失調症が誰にでも同じ予後を示す疾患ではないと言われてるそうです。多様な遺伝子が発症に影響を及ぼし、社会環境的な要因が介入され経過や症状の変化が現れるからと言われてるそうです。

統合失調症は、10代の時に注意深く見なければならないそうです。統合失調症は、薬物療法、行動療法を開始すると、状態が好転すると言われてるそうです。問題は、統合失調症患者が自分の異常状態を認識し、治療を開始しなければいけないということらしいです。大半の統合失調症のかたは、自分が病気であるという事実を知らなかったりする場合もあるそうです。過去とは異なり今は、神経伝達物質ドーパミンの不均衡状態を解消することができるいくつかの薬物が多様に開発され、効果的に治療することができるようになったそうです。最近開発された薬物は、既存の薬の副作用は改善し、治療効果はさらに高めたものもあるらしいです。患者さんは薬物治療への恐怖を無くして、継続的な治療を続けるのが重要らしいです。

ストレス軽減㉕

不安障害はさまざまな種類があり、一種類を放置すると、他の種類まで加わる危険があり、早期に適切な治療をするのが重要らしいです。不安障害は起きていないことに対する不安感、恐怖感が長く持続し、日常生活に支障を与えてしまう精神疾患らしいです。誰でも不安を経験することがありますが、不安障害の患者さんは、いくら説明を聞いても非合理的な考えにとらわれて苦しんでしまうそうです。

不安障害は主に、全般性不安障害、パニック障害、恐怖症、強迫性障害、心的外傷後ストレス症候群などに分けられるそうです。不安障害を治療せずに放置すると、他の種類の不安障害が発生することがあり危険であるそうです。不安障害の症状は頭痛、胸痛、呼吸困難などらしいですが身体症状が発生して病院の検査を受けても、特別な問題がないと出たら不安障害を強く疑わなければならないそうです。

普段の不安の予防、緩和のためには、十分な睡眠ときちんと選んだ栄養摂取が重要らしいです。ギャバ、トリプトファンなどが豊富な食品を食べることは有用らしいです。脳を刺激して、不安を引き起こす可能性があるカフェイン飲料は避けたほうが良いそうです。深い呼吸をすることも有用らしいです。不安がひどいときは、息を深く吸って深呼吸するのが良いそうです。肺が深く呼吸をすると、脳が危険な状況であると錯覚して不安反応を取り出してくれるそうです。

ストレス軽減㉔

目の下が震える症状が頻繁にあらわれる場合、マグネシウム不足の可能性があるそうです。ストレスを受けると、マグネシウムが不足するらしく、注意が必要らしいです。ストレスを受けたり、神経が鋭敏になると、免疫機能を活性化するためにアドレナリンホルモンが通常よりも10〜20倍程度分泌されるそうです、このホルモンが体内マグネシウムを消費させるそうです。さらに、ストレスのせいで上がった血圧を下げるのにマグネシウムが使われるそうです。

マグネシウムが不足すると、筋肉が震えたり硬直する場合があるそうです。目の下が微細に震えるのが代表的な症状らしいです。目の下の部分は皮膚が薄く、筋肉が震えるのを容易に気付くことができるそうです。マグネシウムが不足している状態が長く維持されると、免疫機能が低下してしまうそうです。代謝が低下し、疲労を感じながら、筋肉量も減ってしまうそうです。心血管疾患、糖尿病、骨粗鬆症などの様々な病気を引き起こしてしまう場合もあるそうです。

ストレスを感じた場合は、マグネシウムを補充するのが良いそうです。豆、ゴマ、シイタケ、ホウレンソウ、ニンニクなどにマグネシウムが豊富に入っているそうです。栄養豊富な食事をきちんとするだけでも、十分に補うことができるそうですが、食事で摂取するのが大変な方はサプリメントで摂取しても良いそうです。ただし、マグネシウムだけたくさん入った製品を飲むとカルシウムが不足してしまうらしく、マグネシウムとカルシウムの比率を同様に飲むのが良いそうです。


ストレス軽減㉓

10代の若者は、人生の無数の変化によりストレスを感じることがよくあるそうです。10代のストレスの最も一般的な理由は、将来の不安と体のホルモンの変化らしいです。他のストレスの原因は、学校のプレッシャー、否定的な考え、健康問題、仲間のプレッシャー、両親の不仲、家族の期待、経済的問題、友人からの裏切り、などらしいです。

10代の若者は、家族や友人から孤立して、一人でいるように感じることがあるそうです。このストレスは、孤独に感じるだけでなく、不安障害、うつ病、自傷行為、人格障害、および他の多くの心理的問題をもたらしてしまうそうです。 10代の若者は、成長に伴う内外の生活の無数の変化にストレスを感じてしまうそうです。そして、今年はコロナのパンデミックで10代のうつ病と不安のケースが上昇しているらしいです。10代の若者は何がストレスの原因なのかを知らない場合が多いらしいです。ご両親は自分の子供が何をしているのか知らない場合も多いそうです。

大人が一人で落ち込んでいるとき、大人は自分の感情を隠すことができ、それでも笑顔を運ぶことができるそうです。でも、10 代では、行き詰まるのが一般的らしいです。10代は子供が親を最も必要とする最も重要な時期なので、両親としては子供との信頼を築き、子供の言動の世話をするべきらしいです。話すことはすべての解決策らしいです。10代の若者が両親や友人と話したり、信頼できる相手に心を開いたりできれば、ストレスを管理する新しい方法を見つけられるらしいです。これに加えて、ご両親は子供に自信を持たせ、怖がるのではなく、問題や失敗を解決する方法を教える事が重要らしいです。子供の長所と能力、そしてこれから人生で達成できることを理解させるのが良いそうです。







ストレス軽減㉒

ストレスを受けたり、いくつかの仕事、勉強などに集中すると、自分も知らないうちに、歯を食いしばってしまう場合があるそうです。ストレスや、緊張、頭痛がある場合に歯ぎしりは無意識のうちに起きてしまうそうです。自分で気づくのは容易ではないそうです。顎や歯に問題が生じたときに、確認される場合が多いそうです。昼間の無意識の歯ぎしりは夜も続いて無意識のうちに、大きな力で食いしばりがされて顎関節に大きな負担を与えることになってしまう可能性もあるそうです。

過度の顎関節の圧力は、顎関節の悪影響だけでなく、歯の破折など歯に永久的な損傷を与える可能性もあるそうです。頭痛を誘発し、再び顎関節の圧力の増加につながる悪循環が繰り返される可能性があるため、早期に発見して悪循環を断つのが重要らしいです。特に圧力による歯の損傷は、通常、すぐに発見されず、時間が経つにつれ、悪化するらしく、早期発見が困難な場合があるそうです。また、顎関節の異常が原因で音が出たり、痛みが発生するだけでなく、口広げるために、顔のバランスが合わなくなる場合もあるらしく、注意が必要らしいです。対策として深呼吸が大きく役立つらしいです。深呼吸は緊張弛緩の機能があり、深呼吸中の顎が少し開いて歯と顎の圧力を下げてくれるそうです。

他には特殊マウスピースを活用する方法があるそうです。マウスピース介して、歯と顎の圧力を分散して頭痛につながる悪循環を切って回復する方法らしいです。歯ぎしりは、歯破折だけでなく、顎関節障害にもつながる可能性があり、繰り返される悪循環に生活の質を大きく下げてしまうそうです。早期に発見し、積極的に治療することが良いそうです。





ストレス軽減㉑

ストレス事案に感情を与えないようにするのが良いそうです。激務に苦しめられ、ストレスを受けると、何の妨害も受けない場所に行ってぐっすり休んでみたいと思うそうです。ところが、実際に休みが多過ぎると、仕事がなくてストレスを受けるそうです。財産が多くてもストレスを受けて、なくてもストレスを受けるそうです。それは不確実だからだそうです。

私たちは何か不確実なことがあれば正面から突破するより避けようとするそうです。明確に定められていることを耐えるのは容易らしいです。成功を100%保証するとすれば、あらゆる逆境にも耐えられるそうです。逆に失敗する可能性があると定められている場合、簡単に放棄したくなるそうです。問題は、私たちの生活の中でそのように確かに定められていることはないという事らしいです。ストレスを減らすためには、不確実な事に慣れないといけないそうです。


ストレス軽減⑳

ストレスは、身体と精神の両方に問題を起こしてしまうそうです。私たちの体は、ストレスを受けると緊張して不安でイライラして血圧と脈拍が上がるそうです。でも、日常のストレスを受けずに過ごすのは非常に難しいそうです。対人関係や学業、仕事、家事など、私たちが迎えるほとんどの仕事は大小のストレスを誘発してしまうからだそうです。ストレスをよく緩めストレスから否定的な影響を受けないことが重要らしいです。どのようにすれば、ストレスを賢く治めることができるのでしょうか?

まず、ストレスをなくすのは難しいことを理解して、ストレスに耐える能力を育てるのが良いそうです。ストレスとなる事案自体に集中すると不安になって心配しかない状態になってしまうみたいです。趣味の活動をしながら関心を他のところに返すのが良いそうです。





ストレス軽減⑲

心理あるいは物理的に耐えにくい状況で感じる不安や脅威をストレスというそうです。私たちの体は、これに対抗しようと筋肉‧脂肪細胞など体に必要なエネルギーを供給するストレスホルモンの一種である、コルチゾールを分泌するそうです。

コルチゾールは、ストレスに対抗するために、身体の各器官に、より多くの血液を放出するそうです。この時、私たちの体のビタミンB群が多く消費されて、通常の脈拍の活動と呼吸に影響を与え、食欲増加‧無気力感‧慢性疲労などを引き起こしてしまうみたいです。

ビタミンB群は動植物性食品に広く含まれているそうですが、不足になってしてしまう人も多いそうです。そんな時はスムージーなどで効率良く摂取するのもよいのかもしれませんね。


プロフィール

biyo

Author:biyo
誰にも聞けない健康やその他のお悩みについて、老若男女問わず、皆様のお役に立つ事を書いていけたらと思います。記事をお探しにくい場合は下にある検索フォームを使ってみて下さい。私はポケモンや鬼滅の刃を見たり歌を歌ったりして癒されています。ぜひこのブログの広告の品で良いなと思ったものを活用してみてください。皆様が私のブログを見て頂いているのは幸運な事がおこる巡り合わせかもしれません。今後とも皆様に幸運が訪れることを心からお祈り申し上げます。
 /></a><br /><a href=にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ


Airランキング
ブログ王
Twitter
Instagram
note
TikTok
YouTube

































































































































































全記事表示リンク

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR