FC2ブログ

薄毛④

薄毛は、通常、頭髪が存在しなければなら部位に頭髪が少ない状態をいうそうです。日本人の場合、約10万本の髪があ​​り、一日に約50〜100本までの髪が抜けるのは正常だそうです。

薄毛の場合、外見上の症状が現れてしまうので、薄毛を患っている人は、ストレスはもちろん、ひどい場合は対人恐怖症やうつ病が発症してしまうこともあるそうです。これらの精神的な問題が発生する前に、しっかりとした薄毛治療を受けるのが重要だそうです。免疫機序に異常が生じ、免疫細胞が自分の毛包を異物として認識してしまい攻撃して脱毛が生じてしまうことがあるそうです。

薄毛の患者さんが最も多く増加する季節は夏だそうです。蒸し暑い夏には、頭皮と毛髪に汗や各種大気中の汚染物質が混ざって毛包の入口を防いで皮脂の排出が困難になってしまうからだそうです。ですので、育毛シャンプーを利用して頭皮のマッサージをして頭皮と髪をきれいに管理することが重要だそうです。






















スポンサーサイト



潰瘍性大腸炎①

潰瘍性大腸炎などの炎症性腸疾患の原因は明確にはわからないそうです。遺伝的要因、免疫学的異常やストレスなどの環境的要因が複合的に影響を与えるものと医療界は推定してるそうです。

潰瘍性大腸炎は難治性疾患であり、症状が一時的におさまる寛解期と、悪化する活動期が繰り返すそうです。治療も完治ではなく、症状の調節と生活の質を向上させることに重点を置くそうです。いくつかの研究では、潰瘍性大腸炎の患者さんは大腸癌の発症リスクが高まると報告されたそうです。炎症の範囲が広く、炎症がひどいほど、大腸癌の発生リスクが増加してしまうそうです。

潰瘍性大腸炎の患者さんは、薬物治療と一緒に医師が指定する時期に大腸内視鏡を受けるなど、健康管理をしなければならないそうです。










認知症⑧

ハーバード大学のハーバート・ベンソン教授は、現代医学で解決できる病気の割合がわずか25%に過ぎないと主張したそうです。残りの75%は、食習慣をはじめ生活習慣、運動、瞑想などで向上させた自己修復能力に期待をかけなければならないというものだそうです。

認知症も同じだそうです。正しい生活習慣を持ち、脳を部位別に均一に使って全体の機能を向上させると、心と体、そして脳にたまった毒素が抜けていき、体質が改善され、脳の免疫力も強化されるそうです。

脳を鍛えるには人とのコミュニケーションが重要だそうです。孤独は認知症のリスクを高めてしまうそうです。今はSNSなどで誰とでもコミュニケーションを取れる時代なので、孤独を感じている方はSNSなどを活用してみるのも良いかもしれません。










認知症⑦

国際アルツハイマー病協会によると、認知症の患者は、現在の5000万人レベルから2050年には3倍以上の1億5200万人レベルに増加すると予想され、世界で急成長している死亡原因の一つとしたそうです。協会によると、アルツハイマー病をはじめとする認知症が世界の死亡原因の5位を占めている状況だそうです。認知症に起因する年間の社会的費用は、約1兆ドル(約105兆円)で、2030年までには倍以上に増加すると予想したそうです。

認知症はストレスなどさまざまな原因で発症するそうですが、ベータアミロイドというタンパク質が脳に沈着されると、有害な影響を与えるとも言われてるそうです。他にはタウ蛋白質の沈着も発症に影響を与えるとも言われてるそうです。

認知症の予防には歯、耳、胃腸の健康維持と、高血糖、高血圧、不眠、肥満、などにならない生活習慣を守りストレスを溜めないことが重要だそうです。











腰痛①

今年の夏は例年とは異なり、コロナの影響で休暇の過ごしかたも大きな変化があったそうです。社会的距離を置くのが日常化されて、海外旅行ではなく、国内旅行で、人が集まらない静かな屋外を探して旅に出る人が多くなったそうです。この時、公共交通機関よりも車を利用する人が増えたそうです。車はとても便利ですが長時間運転をするときは、背骨の健康に特別の注意が必要らしいです。

座った姿勢は、立っているときよりも、腰に加わる荷重が1.5倍ほど増えるそうです。特に、車の中で間違った姿勢を長く維持すると背骨に負担になって首、肩、腰が凝り、痛みが生じることがあるそうです。長時間座っているときに首、腰などに痛みを伴う場合は、放置すると椎間板ヘルニアに発展してしまう可能性が高くなってしまうそうなので、痛みが3日以上続く場合は、専門医の診断を受けたほうが良いそうです。

運転は1〜2時間おきに休憩を取るのが良いそうです。運転の時には、腰と背中を背もたれに密着させて腰や首をまっすぐにすれば、脊椎が受ける負担を最小限に抑えることができるそうです。休憩所に車を止めて、背骨を解放することができるストレッチを5〜10分程度することも重要だそうです。長距離ドライブから帰ってきたら蓄積された疲労と筋肉を緩めるために十分な休息をとるのが良いそうです。マッサージをしたり、浴槽に身を浸すのが良いそうです。






















筋肉③

年齢を重ねるほど安定した筋力トレーニングと十分なタンパク質の摂取で筋力を守らなければならないそうです。 老年期に入った人の場合、お尻・太ももの筋肉が著しく欠けてしまうことが多いそうです。筋肉は、30歳前後と比較して、65歳では約25〜35%、80歳には40%以上減少し、筋力も急激に低下してしまうそうです。年を取れば、当然、筋肉が減るという考えをなおせば、筋力を維持して活気ある老後を送ることができるそうです。

筋肉が減ると免疫力が低下して、糖尿病・高血圧・高脂血症などの代謝症候群のリスクも大きくなってしまうそうです。高齢化社会に入った今、「老衰」の代表的な症状が認知症と筋肉減少症らしいです。筋肉の減少を防ぎ、健康な老後を送るためには、安定した筋力トレーニングと一緒に筋肉を構成するタンパク質を十分に摂取するのが良いそうです。十分なタンパク質の摂取は、難聴の予防にも役立つそうです。

タンパク質は、一度にたくさん食べるよりも毎食適量を摂取するのが良いそうです。体重60kg前後の成人を基準に、一日のタンパク質必要量を摂取するには、毎食、肉(牛肉・豚肉・鶏肉)や魚、約100g、あるいは卵2〜3個を食べなければならないそうです。食事ごとにこれだけのタンパク質を摂取するのは難しいので、プロテインなどの栄養補助食品で摂取しても良いそうです。













耳鳴り①

耳鳴りは、外部からの音がないのに、突然「ピー 」と音が聞こえたり、耳の中でブーンという音が聞こえるそうです。人口の約75%が一度は経験する非常に一般的な症状らしいです。ですが他の疾患も持っている可能性もあるので、正確な診断を受けたほうが良いそうです。ほとんどの耳鳴りは、50代に多く発症するそうですが、最近では、20〜30代の患者さんも増えているそうです。騒々しい地下鉄やバスの中でイヤホンをはめて、音楽を聴いたり、ゲームをする習慣とも関連があるそうです。

耳鳴りはストレスとも密接な関係があるそうです。慢性耳鳴りに苦しむ患者さんを調べてみると、約60%がうつ病に苦しんでおり、約40%は、不安障害を持っているという研究結果もあるそうです。ストレスを誘発する事件が脳の興奮を高めて、皮質の過剰な活動により、耳鳴りが発生するそうです。体が疲れたり、緊張している場合は、耳鳴りが大きくなることがあり、十分な質の良い睡眠をとらなかったときにも、耳鳴りが悪化することがあるそうです。効果的な耳鳴りの治療のためには耳鳴りの原因を分析して、正確な診断を受けることが重要らしいです。

亜鉛欠乏とビタミンB12欠乏は、耳鳴りと関連するらしく、脳血流を改善させると、耳鳴りを緩和させる効果があるそうです。耳鳴りは原因が多様で、ただ一つの方法で治療するのは難しいそうです。耳鳴りの発生を予防するためにはできるだけノイズの多い環境を避け、安眠をとることができるように健康的な食習慣と規則的な生活習慣をとることが重要らしいです。













ダイエット⑨

夏休みを迎え、ダイエットを始める人が増えるそうです。ですが、自分の体力レベルを超え無理な運動と栄養の不均衡をもたらすダイエットは、耳の健康に悪影響を与えてしまうこともあるそうです。夏の間、無理なダイエットのせいで耳が詰まったかのように声が大きく聞こえる症状を訴える20〜30代の患者さんが増えているそうです。短期間に無理なダイエットをした後、ほとんどが耳管開放症と診断されるそうです。

耳管開放症は、通常、癌などの重症疾患、出産や急激なダイエットで体重がひどく減少した場合や、極度のストレス、激しい運動のために発症するそうです。本人の適正体重を探して生活習慣を改善することで治すことができるそうです。正常体重に回復するほか、鼓膜にチューブを挿入して耳の内外の圧力を調節する方法でも症状を緩和することができるそうです。

この疾患は、突然耳が詰まったりする症状のために突発性難聴や急性低音障害型感音難聴と混同される場合が多いそうです。突発性難聴は発症後早期に積極的に治療しなければ聴力回復を期待するのは難しくなってしまうそうなので、症状が現れたられたら、すぐに耳鼻咽喉科で検査を受けるのが良いそうです。













ダイエット⑧

ダイエッ​​トの継続には5つ気持ちを持つと良いそうです。

①過去に失敗した記憶にとらわれると、現在を楽しむことができず、将来の計画も立てにくい。

②多くの人が新しい習慣を変化を取り入れてる。新しい習慣を身につけるとダイエットが楽しくなる。

③自分を賞賛する。賞賛は幸福感を感じさせるセロトニンの分泌を促進させる。鏡を見て賞賛すると効果はより高くなる。

④目標を、多くの人に知ってもらう。周りの人にダイエットをすると言えば、約束したのと同じ効果がある。自分との約束は、あれこれ言い訳をして破ることができるが、他の人とした約束は守る責任が生じ計画がうまくいく。

⑤実践するのは難しい大きな目標よりも、小さい目標を立てれば達成する楽しみが生まれる。自宅でできる簡単なストレッチから始める。ウォーキングや階段を登るなど、どこでも着実にできることをする。

この気持ちは、ダイエット以外のことにも役立つそうです。










ダイエット⑦

夏は甘いフルーツの季節だそうです。気温が高く昼夜の日較差が大きいほどフルーツはさらに甘くなるそうです。特に季節のフルーツには抗酸化成分と栄養が豊富で健康に良いそうです。 夏の果物はダイエットにも役立つそうです。スイカは、体内の水分を排出させる利尿作用を促進し、満腹感を感じさせてくれて減量に役立つそうです。ほとんど水分で構成され、夏の不足しがちな水分補給にも有効で、ビタミンA・B・Cとカルシウムも豊富だそうです。スイカとキュウリを一口サイズに切って、タマネギ・レモン・バルサミコソースと一緒に和えて食べると涼しい夏のサラダになるそうです。

他にはプルーンがダイエットに良いそうです。リバプール大学の研究チームは、過体重または肥満の人、100人を二つのグループに分けた後、一つのグループには毎日のプルーン(男171g、女140g)を摂取するようにして、もう一つのグループはプルーンを摂取しないようにしたそうです。 12週間が過ぎた後、結果を分析したところ、プルーンを摂取したグループだけ体重が平均2㎏、腹囲が2.5㎝大きく減少した。研究チームは「プルーンはダイエットの主な失敗要因である空腹感を減らし、減量に役立つ」と述べたそうです。

ですが、果物も過度に摂取すると、炭水化物や糖質を過度に摂取するようになってしまうので注意が必要だそうです。ですので果物の摂取量は一日に200g程度を継続するのがよいそうです。







ダイエット⑥

嫌なことをするダイエットは続かない場合がほとんどだそうです。辛くて楽しくないことを強行するとストレスを受けて、いずれはやめてしまうからだそうです。

スポーツジムなどに通う人は、ダイエットや筋肉トレーニングをするのが目的なのもありますが、その場所で行うのを、楽しみにしているそうです。同じ内容を家で一人でするのと、ジムなどでするのでは全く気の持ちようが、変わってくるからだそうです。

人は一人だと何事も長続きしないそうです。誰かに見られていたり、応援されたり、誰かの為を思うと、続けられるようになるそうです。恋人、家族、友達、好きな人、トレーナーさんなど、人との繋がりが、ダイエットを楽しくさせてくれるそうです。










ストレス軽減㊽

仕事に没頭していた人が、達成感ややりがいの代わりに極度の身体的・感情的な疲労や無気力、自己嫌悪などがあれば「バーンアウト症候群」を疑わなければならないそうです。バーンアウト症候群は過労などで心身に疲れがたまって、すべての仕事に無気力になってしまう状態だそうです。

完璧主義者や自分の仕事に情熱を注ぐ積極的な人や、適応が良い人がなってしまうことがあるそうです。バーンアウト症候群は、単に無気力になるだけではなく、他の症状も詳しく見なければならないそうです。憂鬱や無気力のほか、空腹の時にしきりに食べ物を食べる過食症、仕事中しきりに間違える集中力欠乏・物忘れ、夜に眠れない不眠症などらしいです。このような症状が繰り返されて、突然仕事をやめたり、上司と大きく争うなど社会生活に大きな問題を起こしてしまうこともあるそうです。

バーンアウト症候群が疑われる場合は、日常の合間に休憩時間を作くるのがなにより優先だそうです。小説や雑誌を読む、など仕事から抜け出す時間を持つことが大事だそうです。起床時間を早めたり、部屋の模様替えなど環境を変えることも有効だそうです。自分だけの時間を持つことも大切だそうです。静かな場所で一人でご飯を吟味して食べたり、思索しながら散歩をしたり、一人で映画を見るなど、自分のことを考えられる時間を作るのが良いそうです。スマートフォンを一日程度オフにして生活することも、放電された脳を充電させることができる方法だそうです。










ダイエット⑤

夏場に無理なダイエットをすると、体内に「石」が生じることがあり、注意しなければならないそうです。これを「胆石症」というそうです。胆石症は胆汁内のコレステロールが石のように固まって胆嚢や胆管にたまって痛みを引き起こす疾患だそうです。食生活が欧米化され患者が増えているそうです。通常は肥満、または高脂肪、高カロリーの食事をたくさんする人に起こりやすいそうですが、夏の無理なダイエットも原因になることがあり、注意が必要だそうです。

最近では、20〜40代の若い層でも発症率が増加しているそうです。夏の為の無理なダイエットをし、急激な断食をしたり、過剰な脂肪の摂取量を制限すると、むしろコレステロールを追加で分泌してしまうことがあるそうです。追加分泌されたコレステロールは胆石を作ることがあるそうです。胆石症を放っておくと胆嚢癌に罹る確率も上がってしまうそうです。

胆石症の予防法は、規則的な食事と定期的な運動をして、適切な体重を維持することが胆石を予防するために最も重要な生活習慣だそうです。特に、食事では野菜、果物、魚などが胆石症の予防につながるそうです。










筋肉②

いくつかの原因で腰痛が発生するそうですが、腰の後ろを支えている腰方形筋が原因の場合が多いそうです。なぜかというと、腰方形筋は腰と骨盤の安定性を担当しているからだそうです。ケネディ大統領の主治医を務めたトラベル博士は腰痛の主な原因は、腰方形筋に生じる筋膜痛症候群と述べたそうです。腰方形筋をマッサージしたり、ストレッチするだけでも、腰痛を改善することができるそうです。

他には大殿筋を鍛えることも良いそうです。大殿筋が弱いと姿勢保持の役割を腰方形筋が代わりにしなければならないからだそうです。ですので、普段スクワットなどで大殿筋を強化することも腰痛の予防に繋がるそうです。










筋肉①

サッカーJ1横浜FCのFW三浦知良選手が今月5日、53歳5カ月で先発出場し、世界のスポーツファンたちの注目を浴びたそうです。この日の出場で、三浦選手はJリーグ最年長出場記録を更新したそうです。一般的に、サッカー選手は、30歳を超えたら技量の低下を経験し、30代半ばには、徐々に引退をするそうです。

他の選手よりも長い期間現役生活を続ける選手たちの共通点は「自己管理」だそうです。安定したウエイトトレーニングで筋力を維持するなど、休まずに体を鍛えているそうです。人生の全盛期を延長した秘訣は「筋肉」といっても過言ではないそうです。スポーツ選手は常に体を鍛えますが、スポーツをしてない人はそうではないそうです。それでも筋肉を鍛えて維持しようとすると、私たちの生活の全盛期も延長することができるそうです。

筋肉は、血糖値の上昇を抑制し、身体の代謝バランスを整えてくれるそうです。筋肉を鍛えると、成人病を予防するだけでなく、肺の周りの筋力も強化され、心肺機能の向上にもなるそうです。ですので加齢とともに筋力管理に関心を持ったほうが良いそうです。若い人は筋力トレーニングを予めしとくのが良いそうです。普段運動量が多くない人は下半身の筋力トレーニングをすると良いそうです。私たちの筋肉の半分ほどはお尻と太ももに集まっているそうです。健康を左右する筋肉量を増やすためには下半身を鍛えるのが有効だそうです。普段たんぱく質の食べ物をよくたべることも重要だそうです。食事に豆、魚、卵、牛乳などを含めて着実に摂取するのが良いそうです。

若くて健康に生きたい欲求は誰にでもあるそうです。老化の時間を遅らせる方法を探しているなら、今日から筋力トレーニングを始めると良いそうです。20〜30代であれば、将来のことを考えて、人生の重要な要素と考えながら実践すると良いそうです。













更年期②

猛暑日が続き、憂鬱を感じる人が増えているそうです。暑さが長引くと疲労も蓄積して、体調不良を引き起こしてしまうそうです。中高年男性が憂鬱をひどく感じる場合は更年期による症状ではないか一度疑うのがよいそうです。

更年期は、女性だけの症状だと思って、自分の更年期を全く疑わない中高年男性が多いそうです。男性も筋肉の増加作用のあるテストステロンの分泌量が減り、様々な症状が現れるそうです。代表的なものは、不眠、不安と憂鬱感、性機能低下、関節炎、骨粗しょう症、膨らんだ腹、記憶・認知力の低下などらしいです。テストステロンは、炎症を抑制し、骨を丈夫にする役割もするそうですが、更年期が来れば、関節が痛み、炎症が起こることもあるそうです。動脈硬化やメタボリックシンドロームの発生リスクも大きくなってしまうそうです。

男性更年期を治したい場合は、病院では、男性ホルモンを補充する治療を受けることもできるそうです。その他には、ストレスを減らさなくてはいけないそうです。ストレスが多いとテストステロンがよく分泌されないからだそうです。家族との良好な関係を維持することも重要だそうです。男性は家庭が円満だとストレスを減らすことができるからだそうです。また運動も並行したほうがいいそうです。男性ホルモンの減少による筋肉量低下を補うことができるからだそうです。特に筋力トレーニングは、筋肉細胞が脂肪に変わるのを防ぐので、続けられたほうが良いそうです。










更年期①

男性にも更年期があり、うつ病と似たようないくつかの症状があるそうです。責任感と経済的なストレスなどだけでなく、40代以降、男性ホルモンが低下し精神を安定させるセロトニンという物質も減少してしまうそうです。これにより、うつ病を誘発してしまう場合があるそうです。

男性は無意識に弱い姿を見せておらず、強い姿だけ見せなければならないという社会的通念と、自ら鬱の状態を認めないために、男性更年期のうつ病はきちんと治療を受けずに放置されている場合が多いそうです。男性更年期のうつ病を克服するためには、憂鬱やストレスを発散することができる趣味を楽しむのが良いそうです。その理由は、楽しさを感じる活動をすると、脳の緊張時に出てくるエピネフリンなどのホルモンの分泌が減り、セロトニンが増え更年期による憂鬱感が緩和されるからだそうです。

少なくとも2週間以上、憂鬱な気分がよくならない場合はうつ病を疑ったほうが良いそうです。うつ病は、意欲の低下や不眠などの生活に多くの不便さと苦痛を与えるため、予防することができる方法について事前に知り、対処することが重要だそうです。










頭痛①

ストレスを受けると、頭痛が生じる場合が多いそうです。「緊張性頭痛」と呼ばれるこのストレス性頭痛は、頭痛の原因の約90%を占めているそうです。緊張性頭痛は、筋肉の締め付けと関連があるそうです。頭皮や首の痛みとも関連が深いそうです。ワイルコーネル医科大学によると、緊張性頭痛は、約70%の人に影響を及ぼしてるそうです。

ストレス以外の緊張性頭痛の誘発要因としては、アルコール、カフェイン、歯の問題、目の疲れ、喫煙、肉体疲労、などらしいです。頭痛により二重の視界、しびれ、刺す様な痛み、熱を伴う症状が現れた場合、また、50歳を超えた場合は、他の病気を示唆している可能性があるので、早めに医師に相談するのが良いそうです。

緊張性頭痛の予防としては、ストレスを受ける際に、自分自身をもっと大切に思うことが良いそうです。そうすると、少し緊張が緩まるそうです。また、ストレスが睡眠を妨げる場合には、早めに何かしらの対策をとることも大事だそうです。










不眠症⑤

高温多湿の天候は、夜も続き、夏の代表的な睡眠障害である「不眠症」につながっているそうです。夏場の適正睡眠温度は25~26 ℃ で、湿度は約50%を維持するのが良いそうです。ですがこれらの睡眠環境をつくるのは難しいそうです。一日中湿気にさらされた家は、湿度が70%を超えがちで、換気をしていない室内の空気は湿度が高く快適な睡眠を妨害してしまうそうです。これは、既存の不眠症がなかった人でも簡単に眠りに入る難しい環境だそうです。さらに普段不眠症に苦しんでいる場合は、症状を悪化させてしまうそうです。

睡眠障害である不眠症は、夜に寝たいが眠れない症状が代表的で、十分な睡眠を取らないと昼間の時間帯に疲労感、眠気、意欲喪失などで日常生活に支障を与えてしまうそうです。不眠症の根本的な予防と治療は、通常の睡眠をとることができる生活習慣を作ることで、就寝時間と起床時間を決めて、1時間以上ずれないようにするのが良いそうです。また、カフェインなどが含まれるエナジードリンクなどは、避けたほうが良いそうです。

安眠のためには、体温が通常よりも下がるように、ぬるま湯でシャワーするのが良いそうです。扇風機は直接風に当たらないように上に向け、布団などの寝具類は、通気性の良い夏用に交換するようにして、布団に入る30分前には、スマートフォン、読書、TV視聴などを避けると良いそうです。







認知症⑥

最近、昼寝が認知症の予防に役立つという研究結果が発表され、注目を浴びているそうです。昼寝は記憶力が向上し、体と脳を安定させ、認知症にかかる確率を3分の1に減らしてくれるそうです。脳は筋肉と同じだそうです。適当に使用すると膨張して成長するそうですが、あまりに長い時間使用すると、むしろ損傷を受けることになるそうです。睡眠不足で毒素が繰り返し多くたまる脳はもう回復することができない状況に至ってしまうそうです。どんなに小さな損傷であっても蓄積されると回復力が落ちるからだそうです。私たちは、この損失を防ぐために眠っているそうです。

ハーバード大学は、実験を通じて昼寝をしている人は、そうでない人よりも、学力と記憶力が優れていることを明らかにしたそうです。昼寝が人体に有益な点は、これだけではないそうです。昼寝をすると血圧が低くなり、心血管疾患の予防にもなるそうです。昼寝は、20分〜30分が適当だそうです。短い昼寝は脳を安定した状態にして仕事の能率を上げてくれるだけでなく、夜に睡眠をとることにも役立つそうです。

快適な睡眠のためには栄養素をまんべんなく摂取するのが良いそうです。特に、セロトニンは、神経伝達物質の中でも、適切な睡眠を誘導するために、必須で摂取しなければならないそうです。セロトニンを作り出す食品は、牛乳やチーズなど油類タンパク質や新鮮な野菜、果物類だそうです。また、適度な運動をすれば睡眠効率はさらに高くなるそうです。このように、日常生活多方面で熟睡に役立つ自己管理をすると、健康な脳を保つことができるそうです。







ストレス軽減㊼

職場生活での苦しみは、直接身体に影響を与える性質のものではないそうです。ですが、身体はストレスにより消化機能や睡眠などに影響がでてしまい、心拍数も増大してしまうそうです。そしてまたミスなどを繰り返してしまうそうです。この悪循環により、職場生活での苦しみが加重されてしまうそうです。

身体に負担がかかると些細な刺激にも敏感に反応してしまい、独自のストレスを感じてしまうこともあるそうです。このような場合、健康上の問題が解決されるまで継続的にストレスを受ける可能性が高くなり、解消されない慢性的なストレスに発展してしまう場合があるそうです。

ストレスの中で最も深刻なのは、慢性的なストレス(chronic stress)と呼ばれるものらしいです。ストレスの原因が解消されずに継続されるので、アドレナリンなどのホルモンも継続的に出るようになり胃酸過多症のような深刻な作用をもたらしてしまうこともあるそうです。特に慢性ストレス状態では、副腎皮質ホルモンであるコルチゾールが分泌され、このホルモンが免疫力を下げてしまうため、健康な人であれば、簡単に克服できるウイルスや細菌、癌細胞のようなものを保持してしまうそうです。対策としては、このことを会社全体で認識することが重要らしいです。







ストレス軽減㊻

今年の6月1日から、日本の大企業の人事・労務担当部署が忙しくなったそうです。理由は改正労働施策総合推進法(パワハラ防止法)が施行されたからだそうです。この法律は、パワハラを「優越的な関係に基づいて、業務上必要範囲を超えて、労働者の就業環境を害する言動」と定義したそうです。具体的な指針として、物理的攻撃、精神的攻撃、人間関係からの断絶など6種類を提示したそうです。企業は、上下・同僚間の嫌がらせ防止に必要な対策を必ず策定しなければならないそうです。 2022年からは、中小企業にも適用されるそうです。ですが、パワハラ防止法施行に現場では混乱も現れているそうです。どれが「適切なアドバイスや助言」であり、どのようなものが傷を与える言葉と行動なのか区別が難しい場合が多いからだそうです。

日本では、職場での嫌がらせが他の国よりも広範囲で深刻な様相だそうです。その理由としては、まず日本では「終身雇用」の概念が強く、転職などの活動が活発ではないので上司と部下や同僚の間の問題は、組織内でイライラさせた状態で維持されやすいそうです。そのせいで上司の一言、行動一つに部下が感じる精神的圧迫も大きくなってしまうそうです。

日本企業では、個人の職務範囲が曖昧に設定されている場合が多く、これは上司が一層広範な命令を下さなくていけない要因になっているそうです。そうしたら職務の範囲から外れても部下が拒否するのが難しい構造が形成されてしまうそうです。ですので、まずは企業側が個々の職務範囲を明確にすることが重要だそうです。




ストレス軽減㊺

すべての人が幸せに生きることが人生の目標であるそうです。ですが「幸せ」というのは、ただ瞬間的に感じる気持ちのことらしいです。逆に不幸は継続的に感じてしまうそうです。ですので不幸な時間を減らすことが、幸せな瞬間を感じる秘訣だそうです。アメリカの心理学者、アブラハム・マズローの欲求5段階説は、どのようなニーズが満たされれば、人が幸せに生きることができるかを示しているそうです。会社にいる時間が幸せになるには、次の欲求が満たされることらしいです。

1.生理的欲求:よく食べ、よく休む。

2.安全の欲求:脅迫されたりいじめにあわない。

3.社会的欲求:チームメンバーと円満な関係を持つ。

4.承認欲求:会社が貢献の価値を認めて期待する。

5.自己実現の欲求:長所と専門性を生かし自発的に貢献する。

その逆は、次のように欲求を満たしていない場合、会社にいることが不幸になるそうです。

1.生理的欲求:いつも疲れて大変。

2.安全の欲求:仕事ができなければよく脅迫されて、暴言を言われる。

3.社会的欲求:チームメンバー間の関係が競争関係になる。

4.承認欲求:他の人といつも比較されながら、価値を認められない。

5.自己実現の欲求:嫌いな仕事をしなければならない。

シリコンバレー企業の従業員は、比較的に労働環境が良く不幸をあまり感じにくいそうです。それは、この欲求5段階説を知っているからかもしれませんね。




ストレス軽減㊹

音楽療法というものがあるそうです。ペンシルバニア大学の研究では、穏やかな音楽は薬物療法と同じくらい患者さんの不安感を和らげる効果があり、副作用もないことが証明されたそうです。

自分の感情を裏付ける曲を聴くとカタルシスを感じることができるそうです。 音楽は、うつ病から私たちを解放させたり、涙を流したりすることができ、これは治療薬と同じだそうです。




ストレス軽減㊸

ストレスを考えることが、ストレスをより育てるという研究結果があるそうです。米国オハイオ州立大学の研究チームは、「ストレスは、血圧、コルチゾールホルモンの数値など体内に変化をもたらすが、ストレスや関連した仕事を考えているときも、体内に同様の変化が起こることになる」と述べたそうです。

研究チームは、「ストレスの事を考えていることが、体内の炎症の数値を20%高めることが分かった」とし「時々ストレスの事に心を煮詰めるだけなら、体内の炎症を呼び起こさないが、継続的に、それに捕われると、体内の炎症がもたらされる」と述べたそうです。体内の炎症は、心血管疾患などの発症率を高める要因になるそうです。

そんな時は、歯を出して笑うのが良いそうです。単に顔に笑顔を作るだけでも、ストレスに起因する体内の変化を防ぐことができ、心拍数も下げることができるらしいです。研究チームは、「笑顔に使われる顔の筋肉を活発に動かすことが、脳にあなたは幸せである、というメッセージを送る」と説明したそうです。




ストレス軽減㊷

新型コロナウイルスの拡散と長期化に伴う疲労やうつ病が続き、世界の富裕層で「購入治療」が流行しているそうです。 「購入治療」とは、肉体及び精神的疲労をいつも欲しかったものを購入して解消する行為をいうそうです。8月4日の米国ウォールストリートジャーナル(WSJ)によると、「購入治療」流行がイタリアのスーパーカー「フェラーリ」の株価を急騰させているそうです。 WSJによるとフェラーリの第2四半期業績が非常に良好で、6月と7月には、予期せぬ車両の注文が殺到し、全体注文量が前年比プラスに転じ、株価も185ドルに迫ってコロナ前の水準に回復したそうです。

フェラーリのカミッレーリ CEOは、自動車注文が急騰したことについて「困難な時期を越える自分に報酬する心理だろう」と解釈したそうです。彼は当初、2008年の金融危機の先例を意識して購入急減とキャンセルに備えたが、全く異なる状況が生じているそうです。

私はフェラーリのような高価な買い物はできませんが、皆様も一度、購入治療について意識してみてはいかがでしょうか。




ストレス軽減㊶

人は誰でも、他の人を意図的に傷つけたくはないそうです。人は最初はみんな、良い気持ちのベクトルだそうです。ですがだんだん欲が生じたり、誤解がたまったりして、意識的に、あるいは無意識のうちに本人次第の方法で怒りを解放してしまうそうです。

その共通分母は「幸せ」だそうです。人は、自らの幸せを願うという点で、すべての共通分母を持っているそうです。ですので、人は本来、幸せになることを望むとき他の人も幸せになることを望むそうです。このことを心に保持すると、今後の人生はより明るくなるそうです。


癌⑪

は、ストレスと密接な関連があるそうです。ストレスを受けると、消化酵素の分泌が低下し、胃の運動を萎縮させ、消化を妨害してしまうからだそうです。このような影響により、最近20代、30代の間で胃の発症率が増えているそうです。若い患者さんの胃は遅く発見される場合が多いそうです。「まだ若いからいいだろう」という考えのために胃を早期に発見していない場合が多いそうです。

は早期発見時の場合、完治率が90%以上と高いそうです。早期に発見された胃は、比較的単純な内視鏡切除で治療することができるからだそうです。発色剤が含まれているハム、ソーセージなどの加工食品はなるべく少なく食べるほうが良いそうです。代わりに抗酸化物質が多い、果物、野菜類を摂取すると、癌の予防に良いそうです。




ストレス軽減㊵

コロナの事態により高校生の受験生の負担が増えているそうです。このような状況では、受験生の親御さんの、過度な関心が逆効果を出してしまう場合があるそうです。入試準備に緊張感を維持する時期に親御さんが特定の大学入学を強要したり、頻繁アドバイスなどの行動を見せてしまうと、子供の混乱を煽ってしまうからだそうです。

子供の模擬試験の成績などを、他の受験生と比較する行動もしてはいけないそうです。特に「誰々は、どの大学を目指している」という言葉は、決して言葉にしてならない事項らしいです。親御さんは客観性と冷静さを失うことなく、子供自身が最良の目標を設定し、その目標を達成することができるように勇気を吹き込むことが重要らしいです。

受験生当事者が持つ不安に親御さんは心の眺望を広くさせなければならないそうです。続いて親御さんは人生全体で見ると試験よりも意味のあることが多くあることを既に経験した人生の先輩として、子供に接することも重要らしいです。








ストレス軽減㊴

最近会社員たちのストレスの最大の原因は、給与や業務量ではなく、人間関係となったらしいです。このような現象は、若い世代を中心に、自らを優先価値にする文化が広がったためだそうです。人間関係を効率の面で見るようになるということらしいです。

問題は、職場生活で受けるストレスによって性格が鋭敏になり、さらに健康異常を訴える人々が増えてしまうことだそうです。ストレスによる身体的・精神的変化には、「性格が鋭敏になった」「慢性疲労に悩まされた」「頭痛・消化不良が生じた」「不眠症が生じた」などらしいです。それだけでなく、このようなストレスが累積されるとバーンアウト症候群(燃え尽き症候群)に発展する可能性があり、注意が必要らしいです。

バーンアウト症候群は、仕事などに献身的に努力した人が期待した結果が得られなかった場合、感じる徒労感または欲求不満、虚脱感に陥る症状のこと言うそうです。このような症状が繰り返される場合、日によって発生するストレスへの対処能力が弱体化してしまうそうです。実際、世界保健機関は、バーンアウト症候群を仕事関連の症状に分類したそうです。

このような状況は上司と若い世代の間で価値観の衝突が原因で発生する現象らしいです。世代間の価値観が多くの部分で異なっているためだそうです。対策としては、お互いの相違を認め、自分の立場を使い強要してはならないそうです。また、不要な期待を互いにせずに、共通点を探していくのも一つの方法になるとのことです。




プロフィール

biyo

Author:biyo
誰にも聞けない健康やその他のお悩みについて、老若男女問わず、皆様のお役に立つ事を書いていけたらと思います。記事をお探しにくい場合は下にある検索フォームを使ってみて下さい。私はポケモンや鬼滅の刃を見たり歌を歌ったりして癒されています。ぜひこのブログの広告の品を活用してみてください。皆様が私のブログを見て頂いているのは幸運な事がおこる巡り合わせかもしれません。今後とも皆様に幸運が訪れることを心からお祈り申し上げます。
 /></a><br /><a href=にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ


Airランキング
ブログ王
Twitter
YouTube




































































































































































全記事表示リンク

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR