FC2ブログ

ストレス軽減㊿

強いストレスを受けるとPTSDになってしまうことがあるそうです。PTSDは、生命を脅かすほどのストレスや精神的外傷を経験した後に発生する心理症状で心的外傷後ストレス障害というそうです。当時の状況を連想させる会話などを回避する症状が現れてしまい、めまい、頭痛、不眠、食欲低下などの症状も起きてしまうそうです。

このような症状は心気症の症状と不眠、不安などが伴って発生してしまう場合が多いそうです。対策としてはストレスセルフチェックなどをしながら、自分の状況を知ってストレス解消を助けることが重要だそうです。

ストレスセルフチェックは厚生労働省のサイトなどインターネットで無料で出来るものもあるので活用してみるのも良いそうです。























スポンサーサイト



癌⑫

現代医学は驚くほど発展して今は「がん」は、もはや「死の病」ではないそうです。がんにかかっても、適時適切に治療を受ける場合は生存率を高くすることができるそうです。治療の目的は、細胞をなくすだけではないそうです。患者を生かすことも、がんの治療において重要な部分だそうです。

と戦う究極の理由は、がんをなくそうとするのではなく、がんにかかった人を生かそうとすることだそうです。新薬開発への期待はお金を集めるそうです。ですが、新薬開発は、数十年の時間と努力、天文学的規模の開発費は、頻繁に失敗し、低成功率という特徴があるそうです。

の診断の分野では、世界的に注目されている開発(AI)との技術革新が可能だそうです。早期診断、同伴診断、転移の診断、腫瘍マーカーの開発は、癌の治療を助けるものであり、すでに一般的に使われている汎用化された科学や他の分野で技術を融合することができるそうです。














音楽療法①

音楽療法とは音楽の様々な機能を活用して、身体・精神的に困難を経験する人々に肯定的な変化を誘導する療法だそうです。

音楽療法を受ける対象は、子供からお年寄りまで様々だそうです。音楽療法の最大の利点は、副作用がないという点だそうです。

特定の音楽に肯定的な感情を持つようにすると、次に患者さんが自らその音楽を聞いたとき、その感情を再び呼び起こすことができるという点もメリットだそうです。例えば、お母さんが歌ってくれた子守唄を聞くと、いつでもお母さんに会ったかのような安心感を得ることができるのと似ているそうです。














パーキンソン病①

老年期にうつ病があれば、パーキンソン病の発生リスクは約1.3倍に増加してしまうそうです。パーキンソン病は、脳の中のいくつかの神経伝達物質の運動に必要なドーパミン神経細胞の消失に起因する神経系の慢性変性疾患をいうそうです。症状は進行度に応じて手ブレから筋肉の低下に至るまで多様に現れて、ひどい場合は歩くのさえ難しくなってしまうそうです。

うつ病は感情処理において重要な役割を担う脳の中の扁桃体の機能低下と関連があり、これはパーキンソン病の発生原因とも密接な関連があるそうです。特に、老年期にうつ病を感じる方は相乗効果により、パーキンソン病の発症リスクが上昇してしまうそうです。

パー​​キンソン病は、年齢が上昇するほど発生率も増加し、発症後には完治が難しい難治性疾患であるだけに、普段うつ病、歳を感じながら傷つく経験するお年寄りは専門医の診療を受けてみる必要があるそうです。























ドライアイ①

マスクの着用よりメガネをかける人が苦労しているそうです。息によりメガネが曇ってしまうので、これまで使用していなかったコンタクトレンズを探す人が増えているそうです。

角膜は、空気中の酸素と涙を必要とするそうです。ですが、コンタクトレンズの使用は、これを遮断して、様々な問題を誘発してしまう場合があるそうです。長い間使用すればするほど、レンズが汚れ、合併症の発生率が高くなってしまうそうです。

長期間使用しなかったコンタクトレンズを使用したい場合は、必ず眼科に訪問して、自分の目の状態を正確に検査して、保有しているレンズの度数や形状を確認しなければならないそうです。他にも涙の分泌・乾き程度、炎症の程度、レンズの種類や形状などを包括的に考慮する必要があるそうです。

コンタクトレンズ使用時の注意点は、常に損傷がないかを見ることだそうです。レンズに異物がついてないか、破れたり壊れた部分はないかなどを確認し、使用した後は、毎回洗浄し、消毒を徹底しなければならないそうです。消毒や管理が必要ない使い捨てレンズがありますが、コストが高くかかるという欠点があるそうです。

ドライアイは比較的乾燥した秋と冬に頻繁に発生することが知られていますが、エアコンの使用で室内が乾燥してしまう夏場にも発生してしまう場合があるそうです。放置するとす、頭痛、視力低下、角膜炎など様々な合併症の原因となってしまうので、エアコンの風を直接浴びること最小限に抑え、室内の換気と一緒に濡れたタオル・加湿器を利用して室内の湿度を60%以上に維持するのが良いそうです。

















顎関節症②

顎関節症は、食べ物を噛んだり口広げるたびに顎でカチッと音がしたり、激しい痛みを伴って、日常生活に多くの不便を経験することになるそうです。顎関節症はなぜ発生するものなのでしょうか。

顎関節症の原因は、先天的原因と後天的原因の二つに分けられるそうです。先天的原因としては、不正咬合、顎機能障害などがあり、後天的な原因としては、過度のストレス、不適切な食習慣、神経過敏、外傷などらしいです。

このように、さまざまな原因によって発生してしまう顎関節症は、早期治療が非常に重要だそうです。治療時期を逃すと、偏頭痛、咬合の変化、耳鳴り、腕のしびれ、めまい、顔面非対称、などに広がってしまう危険性が大きいため、歯科医院で適時にスプリント(マウスピース)による治療などを行うことも重要だそうです。










いびき②

年齢を重ねると、ホルモンの影響で、簡単に肥満状態となり、気道が狭くなるため、いびきをしながら眠る人が増えてしまうそうです。いびきをする患者さんは、多くが睡眠時無呼吸症候群を持っているそうです。睡眠時無呼吸症候群は、睡眠中に身体に酸素の供給を妨害するため、長期的に健康に良くない影響を与えてしまうそうです。

いびきは、主に中年以上の男性、おじさんたちという認識が強いですが、実際には10〜20代も少なくない人がいびきに悩まされているそうです。特に20代に入って突然いびきがひどくなる場合が多いそうです。年齢に関係なく、いびきは、人体に良い点はないそうです。

いびき治療には、マウスピースの使用や、枕の変更などが有用だそうです。いびきで悩まれてるかたは、一度試されるのも良いかもしれません。














不眠症⑨

人は人生の3分の1を睡眠時間に使うそうです。計算してみると、平均26年ほど寝ることになるそうです。この26年は、残りの人生を元気に生きるために必要不可欠な投資だそうです。これを見落として睡眠時間を減らしてしまうことは、健康を台無しにしてしまう近道でもあるそうです。もし睡眠をきちんとできない生活が続く場合は、脳に老廃物が蓄積されてしまうため、免疫力が低下して、ウイルスや細菌感染などに非常に脆弱な状態になってしまうそうです。

睡眠をしないと、次の日に非常に辛くなってしまう理由は、脳は睡眠中に、様々な異物を処理し、脳細胞と記憶を整理するそうですが、寝ないと、これらの活動をできず、脳細胞が損なわれてしまうからだそうです。脳は損傷を最小限に抑えるために、生存に必要な最低限の機能を残し活動を弱めていってしまうそうです。

不眠症の治療には生活習慣の改善が重要だそうです。他には寝具の見直し、サプリの利用なども、とても有用だそうです。
















不眠症⑧

不眠症により寝不足が続くと、頭痛、吐き気、めまい、食欲バランスの崩れ、肌質の悪化、記憶力の低下、思考力の低下、ストレスの増加、うつ病リスクの増加など色々な症状が起こってしまうそうです。

米国の学者さんたちが睡眠状態であるラットの脳を研究した結果、寝ている間に、脳細胞間のスペースが広くなり、脳の中に溜まった毒素を除去するという事実を明らかにし論文に出したそうです。2013年に学術雑誌「サイエンス」で研究成果の一つとして選ばれたそうです。

2019年には、人間を対象に同様の研究が実施されて、人間も睡眠中に脳脊髄液が脳細胞内のベータアミロイドをはじめとする毒素(老廃物)をきれいにすることが証明されたそうです。一度眠りに落ちるとき、脳のニューロンが順次活動を停止し、活動が停止されたニューロンは、多くの酸素を必要としないため、一時的に血液の供給が遮断されるそうです。そして、血液が抜けた場所に脳脊髄液をかけて老廃物をきれいにするそうです。

睡眠中に掃除されている老廃物であるベータアミロイドは、アルツハイマー病の原因物質の一つで、十分な睡眠が認知症の予防に不可欠であることも証明されたそうです。











不眠症⑦

英国の研究者調査によるとコロナの時期で睡眠障害を経験する人は15.7%から24.7%に増えてしまったそうです。特に0歳から4歳の子供を持つ母親の場合、睡眠障害を経験する割合が19.5%から40%に、5〜18歳の子供を持つ母親の場合21.7%から38%に急増してしまったそうです。

性別によっても不眠症に苦しむ程度に差があったそうです。男性の場合、睡眠障害を経験する割合が11.9%から16.5%に増加したそうですが、女性の場合は18.9%から31.8%に急増してしまったそうです。従事する職業によっても差があったそうです。コロナの影響を大きく受ける健康、社会福祉、教育分野の労働者さんの場合、睡眠障害を経験する割合が16.4%から28.9%に増えてしまったそうです。

不安に起因する睡眠障害を経験する場合、アイマスクや遮光カーテンを使って寝室環境を暗くして、ベッドルームの湿度と温度を調整すると良いそうです。また、マットレスや枕などの睡眠用品を自分に合ったものに交換するのも重要だそうです。
















不眠症⑥

人は十分な睡眠をとらない場合、通常の生活の維持が難しくなってしまうそうです。十分な睡眠をとらなければ感情調節能力が歪曲されて、精神的健康に致命的な影響を与えてしまうこともあるそうです。

睡眠時間の不足は、糖尿病や心血管疾患、肥満のリスクを増加させて、さらに3夜連続して安眠をとらなければ知覚の歪み、幻覚、妄想などが現れるという研究結果があるそうです。そのため、アメリカ疾病管理予防センター (CDC)は、現在の成人は一日に7〜9時間を推奨睡眠時間としているそうです。このように睡眠障害は、精神衛生上の問題が、不安、抑うつ、気分のむら、統合失調症などの発生リスクを高めてしまうそうです。

不眠症の改善には睡眠音楽を寝る前に聴くと良いそうです。筋肉を弛緩させたり、呼吸に集中することができるそうです。また、心構えを快適にし、肯定的な精神的イメージを生成するなどの認知療法もおこなうと良いそうです。



















ストレス軽減㊾

日本の会社員の終身雇用と安定した職場は昔話になってしまったそうです。終身雇用を当たり前のようにしてきた日本でしたが、2000年代以降、企業はグローバル競争力の強化のために、社員は積極的なキャリア形成と年収上昇のために、徐々に転職などを当然視するようになったそうです。1〜2回の転職経験ある会社員の割合も全体の約70%に達するほど、すでに転職は日本でも一般的な位置づけになったそうです。

転職を考える契機は、「やりがいや達成感がない」「給与が少ない」「企業の見通しが不安」「人間関係がわるくなった」「職務評価と人事制度に不満があった」「残業や休日出勤などの拘束時間が長かった」などらしいです。また、職場内の上司のパワハラも蔓延していて、これによる離職も多いそうです。約80%の会社員がパワハラを経験したことがあると答えたそうです。具体的には、公の場での叱責や暴言などの精神的な攻撃、過度の業務強要または妨害、などらしいです。企業の立場からも重要な人材の損失を避けることができないことが多いそうです。

経済界からももう終身雇用を守ることは難しいとの話が増えてきてるそうです。なのでこれからは転職、副業、資産運用などの選択肢を持つ人が今よりも益々増えていくそうです。選択肢を増やすことは会社からの圧力を分散して、ストレスの軽減にも繋がるそうです。















うつ病①

天気が肌寒くなると疲れていたり落ち込んだ人が増えてしまうそうです。うつ病は現代人に一般的な精神疾患だそうです。単に憂鬱な気分とは異なり、思考、意欲、関心、行動、睡眠、身体活動など全般的な精神機能が低下してしまうそうです。食欲低下をはじめとし、体重の変化、注意力、集中力の低下、否定、無気力、自傷の繰り返しなどがあるそうです。

若年層さんの場合、学業や、就職、友人、家族関係などにより、うつ病が発生して、生活の意欲の低下につながってしまうことがあるそうです。

うつ病の治療は、自分の感情を知ることから始めるそうです。否定的な考えは、無駄な感情消費と体の健康さえ蝕んでしまうそうです。自分が大変な点、難しい点を言わなければ、誰も知らないまま終わってしまうそうです。一人で解決しようとせずに近い家族か友人、同僚さんなどと一緒に大変な点を共有し、解決点を見つけることが重要らしいです。

うつ病の当事者さんではなく、周りの人であれば、当事者さんへの関心と注意が必要で、当事者さんへの支持的な態度で、現在の状況と不便さについて共感してくれることは、その人に大変大きな力になるそうです。







プロフィール

biyo

Author:biyo
誰にも聞けない健康やその他のお悩みについて、老若男女問わず、皆様のお役に立つ事を書いていけたらと思います。記事をお探しにくい場合は下にある検索フォームを使ってみて下さい。私はポケモンや鬼滅の刃を見たり歌を歌ったりして癒されています。ぜひこのブログの広告の品で良いなと思ったものを活用してみてください。皆様が私のブログを見て頂いているのは幸運な事がおこる巡り合わせかもしれません。今後とも皆様に幸運が訪れることを心からお祈り申し上げます。
 /></a><br /><a href=にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ


Airランキング
ブログ王
Twitter
Instagram
note
TikTok
YouTube

































































































































































全記事表示リンク

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR