FC2ブログ

ストレス軽減㊻

今年の6月1日から、日本の大企業の人事・労務担当部署が忙しくなったそうです。理由は改正労働施策総合推進法(パワハラ防止法)が施行されたからだそうです。この法律は、パワハラを「優越的な関係に基づいて、業務上必要範囲を超えて、労働者の就業環境を害する言動」と定義したそうです。具体的な指針として、物理的攻撃、精神的攻撃、人間関係からの断絶など6種類を提示したそうです。企業は、上下・同僚間の嫌がらせ防止に必要な対策を必ず策定しなければならないそうです。 2022年からは、中小企業にも適用されるそうです。ですが、パワハラ防止法施行に現場では混乱も現れているそうです。どれが「適切なアドバイスや助言」であり、どのようなものが傷を与える言葉と行動なのか区別が難しい場合が多いからだそうです。

日本では、職場での嫌がらせが他の国よりも広範囲で深刻な様相だそうです。その理由としては、まず日本では「終身雇用」の概念が強く、転職などの活動が活発ではないので上司と部下や同僚の間の問題は、組織内でイライラさせた状態で維持されやすいそうです。そのせいで上司の一言、行動一つに部下が感じる精神的圧迫も大きくなってしまうそうです。

日本企業では、個人の職務範囲が曖昧に設定されている場合が多く、これは上司が一層広範な命令を下さなくていけない要因になっているそうです。そうしたら職務の範囲から外れても部下が拒否するのが難しい構造が形成されてしまうそうです。ですので、まずは企業側が個々の職務範囲を明確にすることが重要だそうです。




関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

biyo

Author:biyo
誰にも聞けない健康やその他のお悩みについて、老若男女問わず、皆様のお役に立つ事を書いていけたらと思います。記事をお探しにくい場合は下にある検索フォームを使ってみて下さい。私はポケモンや鬼滅の刃を見たり歌を歌ったりして癒されています。ぜひこのブログの広告の品を活用してみてください。皆様が私のブログを見て頂いているのは幸運な事がおこる巡り合わせかもしれません。今後とも皆様に幸運が訪れることを心からお祈り申し上げます。
 /></a><br /><a href=にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ


Airランキング
ブログ王
Twitter
YouTube




































































































































































全記事表示リンク

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR