FC2ブログ

不眠症⑤

高温多湿の天候は、夜も続き、夏の代表的な睡眠障害である「不眠症」につながっているそうです。夏場の適正睡眠温度は25~26 ℃ で、湿度は約50%を維持するのが良いそうです。ですがこれらの睡眠環境をつくるのは難しいそうです。一日中湿気にさらされた家は、湿度が70%を超えがちで、換気をしていない室内の空気は湿度が高く快適な睡眠を妨害してしまうそうです。これは、既存の不眠症がなかった人でも簡単に眠りに入る難しい環境だそうです。さらに普段不眠症に苦しんでいる場合は、症状を悪化させてしまうそうです。

睡眠障害である不眠症は、夜に寝たいが眠れない症状が代表的で、十分な睡眠を取らないと昼間の時間帯に疲労感、眠気、意欲喪失などで日常生活に支障を与えてしまうそうです。不眠症の根本的な予防と治療は、通常の睡眠をとることができる生活習慣を作ることで、就寝時間と起床時間を決めて、1時間以上ずれないようにするのが良いそうです。また、カフェインなどが含まれるエナジードリンクなどは、避けたほうが良いそうです。

安眠のためには、体温が通常よりも下がるように、ぬるま湯でシャワーするのが良いそうです。扇風機は直接風に当たらないように上に向け、布団などの寝具類は、通気性の良い夏用に交換するようにして、布団に入る30分前には、スマートフォン、読書、TV視聴などを避けると良いそうです。







関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

biyo

Author:biyo
誰にも聞けない健康やその他のお悩みについて、老若男女問わず、皆様のお役に立つ事を書いていけたらと思います。記事をお探しにくい場合は下にある検索フォームを使ってみて下さい。私はポケモンや鬼滅の刃を見たり歌を歌ったりして癒されています。ぜひこのブログの広告の品を活用してみてください。皆様が私のブログを見て頂いているのは幸運な事がおこる巡り合わせかもしれません。今後とも皆様に幸運が訪れることを心からお祈り申し上げます。
 /></a><br /><a href=にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ


Airランキング
ブログ王
Twitter
YouTube




































































































































































全記事表示リンク

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR