FC2ブログ

ストレス軽減㊽

仕事に没頭していた人が、達成感ややりがいの代わりに極度の身体的・感情的な疲労や無気力、自己嫌悪などがあれば「バーンアウト症候群」を疑わなければならないそうです。バーンアウト症候群は過労などで心身に疲れがたまって、すべての仕事に無気力になってしまう状態だそうです。

完璧主義者や自分の仕事に情熱を注ぐ積極的な人や、適応が良い人がなってしまうことがあるそうです。バーンアウト症候群は、単に無気力になるだけではなく、他の症状も詳しく見なければならないそうです。憂鬱や無気力のほか、空腹の時にしきりに食べ物を食べる過食症、仕事中しきりに間違える集中力欠乏・物忘れ、夜に眠れない不眠症などらしいです。このような症状が繰り返されて、突然仕事をやめたり、上司と大きく争うなど社会生活に大きな問題を起こしてしまうこともあるそうです。

バーンアウト症候群が疑われる場合は、日常の合間に休憩時間を作くるのがなにより優先だそうです。小説や雑誌を読む、など仕事から抜け出す時間を持つことが大事だそうです。起床時間を早めたり、部屋の模様替えなど環境を変えることも有効だそうです。自分だけの時間を持つことも大切だそうです。静かな場所で一人でご飯を吟味して食べたり、思索しながら散歩をしたり、一人で映画を見るなど、自分のことを考えられる時間を作るのが良いそうです。スマートフォンを一日程度オフにして生活することも、放電された脳を充電させることができる方法だそうです。










関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

biyo

Author:biyo
誰にも聞けない健康やその他のお悩みについて、老若男女問わず、皆様のお役に立つ事を書いていけたらと思います。記事をお探しにくい場合は下にある検索フォームを使ってみて下さい。私はポケモンや鬼滅の刃を見たり歌を歌ったりして癒されています。ぜひこのブログの広告の品で良いなと思ったものを活用してみてください。皆様が私のブログを見て頂いているのは幸運な事がおこる巡り合わせかもしれません。今後とも皆様に幸運が訪れることを心からお祈り申し上げます。
 /></a><br /><a href=にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ


Airランキング
ブログ王
Twitter
Instagram
note
TikTok
YouTube

































































































































































全記事表示リンク

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR