FC2ブログ

筋肉③

年齢を重ねるほど安定した筋力トレーニングと十分なタンパク質の摂取で筋力を守らなければならないそうです。 老年期に入った人の場合、お尻・太ももの筋肉が著しく欠けてしまうことが多いそうです。筋肉は、30歳前後と比較して、65歳では約25〜35%、80歳には40%以上減少し、筋力も急激に低下してしまうそうです。年を取れば、当然、筋肉が減るという考えをなおせば、筋力を維持して活気ある老後を送ることができるそうです。

筋肉が減ると免疫力が低下して、糖尿病・高血圧・高脂血症などの代謝症候群のリスクも大きくなってしまうそうです。高齢化社会に入った今、「老衰」の代表的な症状が認知症と筋肉減少症らしいです。筋肉の減少を防ぎ、健康な老後を送るためには、安定した筋力トレーニングと一緒に筋肉を構成するタンパク質を十分に摂取するのが良いそうです。十分なタンパク質の摂取は、難聴の予防にも役立つそうです。

タンパク質は、一度にたくさん食べるよりも毎食適量を摂取するのが良いそうです。体重60kg前後の成人を基準に、一日のタンパク質必要量を摂取するには、毎食、肉(牛肉・豚肉・鶏肉)や魚、約100g、あるいは卵2〜3個を食べなければならないそうです。食事ごとにこれだけのタンパク質を摂取するのは難しいので、プロテインなどの栄養補助食品で摂取しても良いそうです。













関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

biyo

Author:biyo
誰にも聞けない健康やその他のお悩みについて、老若男女問わず、皆様のお役に立つ事を書いていけたらと思います。記事をお探しにくい場合は下にある検索フォームを使ってみて下さい。私はポケモンや鬼滅の刃を見たり歌を歌ったりして癒されています。ぜひこのブログの広告の品を活用してみてください。皆様が私のブログを見て頂いているのは幸運な事がおこる巡り合わせかもしれません。今後とも皆様に幸運が訪れることを心からお祈り申し上げます。
 /></a><br /><a href=にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ


Airランキング
ブログ王
Twitter
YouTube




































































































































































全記事表示リンク

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR