FC2ブログ

ストレス軽減No.51

皆様はWhitenoiseはご存知でしょうか。一定の聴覚パターンなしに全体的一定のスペクトルを持つノイズをホワイトノイズと言うそうです。

ホワイトノイズを聴くと集中力と心の安定効果を得られるそうです。代表的なのは雨の音、波の音、川の音、雷の音、風の音、鳥の声、コオロギの音などの自然音や空気清浄機、扇風機、旅客機のエンジン音などの機械音、カフェの音などの環境音があるそうです。

ユーチューブなどのウェブ上では、ホワイトノイズを使用して安眠を誘導する音源もたくさんありますので自分に合った音を見つけてリラックスして、ストレスを軽減してみるのも良いかもしれません。





音楽療法②

音楽療法は痛みや不安を軽減して、安心感と快適さ、精神的な支えを与えるだけではなく、生活を振り返り、感情表現をすることができる手段として使われるそうです。特に積極的な音楽は思い出の回想、言語を話す、感情表現を引き出すためなどに使用されるそうです。また、音楽は楽器を演奏する中で肯定的な環境を作って安心感を高めてくれると同時に、不安と緊張を減らす役割もするそうです。

楽器演奏、歌、即興演奏は感情表現を自然に出させ、患者さんとのコミュニケーションを発展させてくれるそうです。その後、患者さんは、創造性と自尊心が向上するだけでなく、楽器の演奏と歌を介して怒り、恐怖、心配、不安などの言語的に表現するのは難しい感情が無意識のうちに現れるそうです。

音楽を通じた筋弛緩法と呼吸法は、体のさまざまな筋肉を徐々に解放する役割をするそうです。特に、音楽呼吸法は、音楽を聴きながら、呼吸と一緒に肯定的イメージを植えることで、現実の状況を認知して不安と恐怖から抜け出すようにして、洞察力と自尊心と自己表現を助けてくれるそうです。







癌⑬


、大腸などに比べてあまり知られてないが胆嚢と胆道だそうです。高カロリー食品の摂取量が増えて患者数が増加しているそうです。 5年相対生存率は約29%で、最悪のに選ばれる膵臓癌の約12%に次いで、予後が悪いそうです。

・胆嚢癌と胆道癌。
胆汁を十二指腸まで運ぶ経路を胆道で、この胆道に生じた癌が胆道癌だそうです。胆嚢は胆汁を一時的に蓄えるところで、この胆嚢に発生した癌が胆嚢癌だそうです。

・胆嚢癌- 胆道癌の症状
1.皮膚や白目が黄色く変わる。胆道癌の代表的な症状が黄疸だそうです。黄疸は、癌が胆道から十二指腸につながる部分を防ぎ胆汁の流れが妨げられ、それに応じて血液内に「ビリルビン」という物質が多くなって生じるそうです。黄疸になると、皮膚や白目が黄色く変わるそうです。

2.茶色の尿と灰白色便。皮膚のかゆみが生じる。胆道癌の症状である黄疸があれば排便時に異常が発生してかゆみを感じるそうです。胆道閉鎖は徐々に行われるため、黄疸は胆道癌が進行した状態で現れ、痛みがない場合が多そうです。

3.減量。ほとんどの癌の共通の症状が体重減少だそうです。ダイエットや激しい運動をしていないのに、理由もなく体重が減った場合、体に異常があるという信号だそうです。

4.疲れ。癌だけでなく、体に病気に生じた場合、当然活力が落ちて疲れを感じるそうです。理由もなく疲れが長い間続けば、自分の体に関心を払う必要があり、病院で癌を発見する場合も多いそうです。

5.食欲不振、吐き気、嘔吐。胆嚢の異常信号は消化器障害の症状と似ているそうです。好きだった食べ物が嫌いになる。ひどい場合は嘔吐までしてしまう。

6.胸が痛い。胸の谷間の下の真ん中のくぼみに入ったところが胆道がある所で癌が発生した場合、痛みが発生するそうです。

7.熱が出る。1〜6の症状と一緒に体から熱がでたら、胆嚢と胆道の異常を疑うのが良いそうです。

胆嚢癌、胆道癌の生存率が低いのは、初期には何の症状もなく遅く発見する場合が多いからだそうです。代表的な症状である黄疸が発生した場合、すでに癌が進行した場合がほとんどだそうです。なので常に健康に関心を持って着実に検診を受けるのが良いそうです。最近では定期健康診断が広く普及し腹部超音波検査で、初期胆嚢癌が発見される場合も増えているそうです。

現時点で胆嚢癌 、 胆道癌の発生原因が正確に明らかになったものはないそうです。環境的要因と遺伝的要因が複合的に関与することが知られているそうです。胆嚢結石がある人はない人よりも、胆嚢癌の発生リスクが5〜10倍程度高いそうです。胆石症は油性食品などコレステロールが多い食品を頻繁に食べる場合リスクが高くなってしまうそうです。














ストレス軽減㊿

強いストレスを受けるとPTSDになってしまうことがあるそうです。PTSDは、生命を脅かすほどのストレスや精神的外傷を経験した後に発生する心理症状で心的外傷後ストレス障害というそうです。当時の状況を連想させる会話などを回避する症状が現れてしまい、めまい、頭痛、不眠、食欲低下などの症状も起きてしまうそうです。

このような症状は心気症の症状と不眠、不安などが伴って発生してしまう場合が多いそうです。対策としてはストレスセルフチェックなどをしながら、自分の状況を知ってストレス解消を助けることが重要だそうです。

ストレスセルフチェックは厚生労働省のサイトなどインターネットで無料で出来るものもあるので活用してみるのも良いそうです。


























癌⑫

現代医学は驚くほど発展して今は「がん」は、もはや「死の病」ではないそうです。がんにかかっても、適時適切に治療を受ける場合は生存率を高くすることができるそうです。治療の目的は、細胞をなくすだけではないそうです。患者を生かすことも、がんの治療において重要な部分だそうです。

と戦う究極の理由は、がんをなくそうとするのではなく、がんにかかった人を生かそうとすることだそうです。新薬開発への期待はお金を集めるそうです。ですが、新薬開発は、数十年の時間と努力、天文学的規模の開発費は、頻繁に失敗し、低成功率という特徴があるそうです。

の診断の分野では、世界的に注目されている開発(AI)との技術革新が可能だそうです。早期診断、同伴診断、転移の診断、腫瘍マーカーの開発は、癌の治療を助けるものであり、すでに一般的に使われている汎用化された科学や他の分野で技術を融合することができるそうです。
















音楽療法①

音楽療法とは音楽の様々な機能を活用して、身体・精神的に困難を経験する人々に肯定的な変化を誘導する療法だそうです。

音楽療法を受ける対象は、子供からお年寄りまで様々だそうです。音楽療法の最大の利点は、副作用がないという点だそうです。

特定の音楽に肯定的な感情を持つようにすると、次に患者さんが自らその音楽を聞いたとき、その感情を再び呼び起こすことができるという点もメリットだそうです。例えば、お母さんが歌ってくれた子守唄を聞くと、いつでもお母さんに会ったかのような安心感を得ることができるのと似ているそうです。














パーキンソン病①

老年期にうつ病があれば、パーキンソン病の発生リスクは約1.3倍に増加してしまうそうです。パーキンソン病は、脳の中のいくつかの神経伝達物質の運動に必要なドーパミン神経細胞の消失に起因する神経系の慢性変性疾患をいうそうです。症状は進行度に応じて手ブレから筋肉の低下に至るまで多様に現れて、ひどい場合は歩くのさえ難しくなってしまうそうです。

うつ病は感情処理において重要な役割を担う脳の中の扁桃体の機能低下と関連があり、これはパーキンソン病の発生原因とも密接な関連があるそうです。特に、老年期にうつ病を感じる方は相乗効果により、パーキンソン病の発症リスクが上昇してしまうそうです。

パー​​キンソン病は、年齢が上昇するほど発生率も増加し、発症後には完治が難しい難治性疾患であるだけに、普段うつ病、歳を感じながら傷つく経験するお年寄りは専門医の診療を受けてみる必要があるそうです。























プロフィール

biyo

Author:biyo
誰にも聞けない健康やその他のお悩みについて、老若男女問わず、皆様のお役に立つ事を書いていけたらと思います。記事をお探しにくい場合は下にある検索フォームを使ってみて下さい。私はポケモンや鬼滅の刃を見たり歌を歌ったりして癒されています。ぜひこのブログの広告の品を活用してみてください。皆様が私のブログを見て頂いているのは幸運な事がおこる巡り合わせかもしれません。今後とも皆様に幸運が訪れることを心からお祈り申し上げます。
 /></a><br /><a href=にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ


Airランキング
ブログ王
Twitter
YouTube




































































































































































全記事表示リンク

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR